スズキ新型「ハヤブサ」ついに登場か!? グローバル公式チャンネルでティザー動画を公開

スズキはYouTubeの公式チャンネル「Suzuki Global」において、2月5日公開予定の新型モデルのティザー動画を公開しました。最新の動画では国内での販売を終了しているアルティメットスポーツ「隼」とおぼしき姿と計器類が確認できます。

スズキを代表するアルティメットスポーツが復活!?

 スズキはYouTubeの公式チャンネル「Suzuki Global」において、2月5日公開予定の新型モデルのティザー動画を公開しました。

スズキのYouTube公式チャンネル「Suzuki Global」において公開された新型モデルのティザー動画。「隼」と思しきフロントフェイスやテールカウルなどが確認できます

 モデル名を伏せて「The all-new model will be unveiled.」というタイトルで公開されたティザー動画は、現在、国内市場での販売を終えているアルティメットスポーツ「隼」の後継モデルと思しき姿が収められた最新の公式動画です。

北米やインドなどの一部地域で販売されていた「隼」2020年モデル。基本的な性能はそのままに、カラーのみ変更されています

 やや遠目から確認する限り、ヘッドライト位置などは従来モデルの意匠を引き継いだようなデザインを採用。
 
 動画のメーターを確認すると6速10,000rpmで180mph(約290km)に到達、最後のメモリである185mph(298km/h)まで到達可能な余力を感じさせるものとなっています。

スズキのYouTube公式チャンネル「Suzuki Global」において公開された新型モデルのティザー動画。6速10,000rpmで180mph(約290km)に到達、まだまだ余力を感じさせます

 1999年に登場した隼は、GSX1300R Hayabusa/Hayabusa 1300などの名称で世界市場へ導入され、マイナーチェンジを繰り返しつつ販売されてきましたが、2020年は北米やインドなど一部のみでの展開となっていました。

 スズキが誇る名車「隼」がどのような姿で復活し、どのような進化を遂げているのか期待が高まります。

【画像】スズキ「隼」新型車登場!? スズキが公開したティザーを見る(7枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事