MotoGPクラスで初タイトル獲得に向け勢いを増す4人のKTMライダーたち

2021年MotoGP世界選手権開幕戦カタールGPに向けKTM勢の体制が発表されました。4人のKTMライダーは、悲願のタイトル獲得に向け今シーズンを戦います。

MotoGPクラスのタイトル獲得に向け体制強化

 3月28日から開催されるMotoGP世界選手権開幕戦カタールGPに向け参戦5年目のレッドブル・KTMファクトリーレーシングは、チームに加入した新ライダーのミゲル・オリベイラとチームメイトのブラッド・ビンダー両選手と2021年型KTM RC16を発表しました。また、テック3 KTMファクトリーレーシングのダニーロ・ペトルッチとイケル・ルクオナも新たなカラーリングのマシンとともに登場しています。

レッドブル・KTMファクトリーレーシングとテック3 KTMファクトリーレーシングのマシンRC16

 KTMは、2020年のコンストラクターズランキング4位を獲得し、3回のポールポジション、9回の表彰台、3回の勝利を達成しています。2020年シーズン、ミゲル・オリベイラはスティリアGPと地元ポルトガルGPで2勝を挙げており、チームはチェコGPで初優勝を飾ったB・ビンダーと並んで、ホンダに移籍したポル・エスパルガロの後任として彼を抜擢しています。

 2020年のコロナウイルス感染拡大の影響で開催スケジュールが短縮された昨シーズンよりも、2021年シーズンは長いシーズンになることが期待されていますが、KTMの4人は、現チャンピオンのJ・ミル、スズキのチームメイトであるA・リンス、ホンダのM・マルケス、ドゥカティのJ・ミラー、ヤマハの4人組であるF・モルビデリ、M・ビニャーレス、F・クアルタラロ、V・ロッシに対抗できるチーム体制を整えています。

■レッドブル・KTMファクトリーレーシング ブラッド・ビンダー

レッドブル・KTMファクトリーレーシング ブラッド・ビンダー

 2020年は、多くのことを達成できたと思うし、いくつかの良い結果も得られKTM勢初の優勝も達成できたシーズンでした。しかし、もっと多くのことができる可能性を秘めていた日もたくさんありました。でも、昨年はシーズンが進むにつれて、途中で少しスランプに陥ったものの、どんどん良くなっていったと思います。結果だけではなく、週末のアプローチの仕方やセッションごとの進め方も良くなってきていると感じます。今のところ、我々は本当に強力なパッケージを持っていると感じている。良い方向に向かっているし、今年はまたバイクに乗れることをとても楽しみにしています。

■レッドブル・KTMファクトリーレーシング ミゲル・オリベイラ

レッドブル・KTMファクトリーレーシング ミゲル・オリベイラ

 世界チャンピオンになるためには、多くの細かい点を同時に揃える必要があり、シーズンがどのように進んでいるか、何が起きているかによって、プロジェクトを通して進めます。4位が良い結果になることもあれば、2位が期待を裏切ることもあるかもしれませんが、そのプロセスを経ていかなければなりません。確かに、2020年よりも上を目指すというのは良い考えです。マシンが勝てるというのはとてもリラックスできる要素ですが、同時に当たり前のことを当たり前と思ってはいけないし、成功を繰り返すとなると難しくなります。このチャンピオンシップで良いレベルを維持するためには、毎年、何かを自分の側に持ち込まなければならないと思っています。ファクトリーチームの中ではもっと細かいところにまで手が届くようになったし、少なくとも一貫性を保つことができていると思う。これらはファクトリーチームが私に与えてくれるツールだと思っています。自分の仕事には完全な信念を持っています。

■テック3 KTMファクトリーレーシング ダニーロ・ペトルッチ

テック3 KTMファクトリーレーシング ダニーロ・ペトルッチ

 MotoGPに参戦して10年目になりますが、それを祝うためにKTMのために走ることになりました。テック3 KTMファクトリーレーシングは、MotoGPで最も競争力のあるチームの一つです。昨年は2勝しているので、一緒にレースができることをとても嬉しく思っています。必要なファクトリーサポートはすべて揃っているし、とても良い環境。バイクを試してみたいし、テック3チームの人たちと知り合いになりたいと思っている。自分の経験の一部をこのファクトリーに還元したい。1年間に起こりうる多くのレース状況を知っているし、他の3人のライダーはみんなとても速くて競争力があります。私は “最も経験豊富な “ライダーですが、彼らよりも速くなりたいし、彼らと戦って意見を出し合い、バイクを成長させていきたいと思っています。最終的にはシーズンに満足して、KTMのスタッフやファクトリーをハッピーにすることが目標です。速くなることが一番大事です。

■テック3 KTMファクトリーレーシング イケル・ルクオナ

テック3 KTMファクトリーレーシング イケル・ルクオナ

 MotoGPは体力的に非常に厳しいクラスなので、完璧なコンディションで臨まなければならないので、この冬は準備に励んできました。2021年にはシーズン終盤に到達したのと同じレベルでスタートしたいと思っています。みんな強いし、このカテゴリーのレベルは非常に高いですが、私のチームはとても良い仕事をしてくれています。

※ ※ ※

 昨シーズン常に上位でレースを展開した4台のKTM勢は、初のタイトル獲得に向けて2021年MotoGPシーズンに挑みます。

【了】

【画像】MotoGPに参戦するKTM勢を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事