スズキ「Vストローム650」新型登場 使い勝手に優れたミドルクラスアドベンチャーがカラー変更

スズキはミドルクラスのスポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom 650(ブイストローム650)ABS」シリーズの新型モデルを発売します。新型モデルでは新しいカラーリングが採用されました。

「DR-BIG」のDNAを継承したスタイリング

 スズキはミドルクラスのスポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom 650(ブイストローム650)ABS」シリーズの新型モデルを3月12日に発売します。

スズキ「V-Strom 650(ブイストローム650)XT ABS」最新モデル(オールトグレーメタリック No.3)

 1988年発売の野性的で力強いスポーツアドベンチャーツアラー「DR-BIG」のDNAを継承したスタイリングが与えられたV-Strom 650シリーズは、フラッグシップモデル「V-Strom 1050」、エントリーモデル「V-Strom 250」の中間に位置する排気量645ccのV型2気筒エンジン搭載モデルです。

 フロントに縦型2灯ヘッドライトを採用することで個性を演出したV-Strom 650では、広い前方視界を確保する快適な乗車姿勢と、高さを3段階に調整できる大型可変ウインドスクリーン、優れた足つき性を実現するスリムな形状のシートと大容量20L燃料タンクを採用。

 ギアポジション、平均燃費、航続可能距離など、多様な情報を表示できる機能的な液晶メーターパネルや、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」、2段階から選択可能なトラクションコントロールなど、利便性を高める装備も採用されています。

スズキ「V-Strom 650(ブイストローム650)ABS」最新モデル(オールトグレーメタリック No.3)

 また、上位グレードのV-Strom 650XT ABSでは防風・防雨効果により長距離や寒冷時における快適性を向上するナックルカバーを、アンダーカウルと合わせて標準装備。ワイヤースポークホイールも採用されています。

 なお、最新のV-Strom 650 ABSにおいては「ブリリアントホワイト」「オールトグレーメタリック No.3」の2色、V-Strom 650XT ABSにおいては「チャンピオンイエローNo.2」「ブリリアントホワイト」「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」「オールトグレーメタリック No.3」の4色がラインナップされます。

 扱いやすく、幅広い用途で活躍するV-Strom 650 ABSシリーズの価格(消費税10%込)は、「V-Strom650 ABS」が92万4000円、「V-Strom650XT ABS」が96万8000円です。

【了】

【画像】スズキ「V-Strom 650」最新モデルを見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事