ツーリングでみかけるロードサイドの食堂 千葉県『ドライブイン大野屋』でバイク乗りのご主人に出会った

ツーリングでたまに見かけるロードサイドのドライブインでは、思いがけない味や人と出会えることがあります。千葉県の『ドライブイン大野屋』に立ち寄ってみました。

大満足の味に加え、バイク乗りのご主人に親近感がわく

 千葉県に所在する『ドライブイン大野屋』(千葉県野田市東高野78-2)は、流山街道沿いにある昔ながらのドライブインです。ネットでの口コミも上々で、ツーリングの途中で立ち寄ることにしました。

シンプルな醤油ラーメンながら感動する美味しさ。これは根本的にどのメニューも美味しいお店なのではないかと想像できる

 流山街道を走っていると、目に飛び込んでくる看板ですぐに発見できました。さすがドライブインということで、大きな駐車場が迎え入れてくれます。店内、店外問わずいたるところに看板や貼り紙があり、一見さんでも入りやすそうな雰囲気です。

 店に入ると壁に貼られたメニューの多さに驚きます。昔ながらの定食屋のような光景で、ファミレスにはない味わいがあります。豊富なメニューに目移りすること数分、迷った末に「ラーメン定食」(750円)を注文しました。どんな料理が出てくるかはその時が来てからのお楽しみです。

 運ばれて来たのは、昔懐かしい支那そば的な醤油ラーメンとご飯、それにもつ煮と大根の煮付けがセットになっていました。まずラーメンですが、単純な言葉で恐縮ながら「美味しい」としか言いようがありません。まさに昔ながらの支那そばで、あえて特徴を言うなら麺がもっちりしています。見た目でなんとなく味が想像がつくものですが、それを超える美味しさでした。

 このラーメンだけでも十分満足できたのですが、もつ煮がまた絶品! ひとつ良ければ全て良し、ここはどのメニューを注文してもハズレなし! と想像します。これは大根の煮付けも期待できるというもの。やはり期待を裏切らない味付けでした。ご飯を口へ運ぶ箸の手も止まりません。

流山街道を走っていると『ドライブイン大野屋』の看板が目に飛び込んでくる。テイクアウトも可能の様子

 食後にご主人と少しお話したところ、普段はホンダ「FTR」とハーレーに乗っているバイク乗りでした。また店内には、ご自身のカワサキ「バリオス」の買い手募集の写真が貼られていました。

 店内奥の事務所にはバイクのプラモデルや車の模型、バイクのパーツなどが置かれ、旧車を持つ友人も近所にいらっしゃるようです。きっとバイクでの来店客は嬉しいのだと思います。

 お店から3kmほど先には関宿城(せきやどじょう)もあり、このエリアをツーリングする際は、お食事休憩に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【了】

【画像】バイク好きのご主人が営む『ドライブイン大野屋』を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事