スペシャライズド「Como SL」登場 カリフォルニアでデザインされ、スイスで開発された最新電アシ

米国のカリフォルニアに本社を置くサイクリングブランド「SPECIALIZED(スペシャライズド)」は、最新の電動アシスト自転車「Como SL(コモ エスエル)」を発売しました。どのような特徴があるのでしょうか。

クリーンで利便性に優れた最新電アシ

 米国のカリフォルニアに本社を置くサイクリングブランド「SPECIALIZED(スペシャライズド)」は、最新の電動アシスト自転車「Como SL(コモ エスエル)」を発売しました。

「SPECIALIZED(スペシャライズド)」の最新の電動アシスト自転車「Como SL(コモ エスエル)」(左/4.0 右/5.0)

 カリフォルニアでデザインされ、スイスで開発されたSPECIALIZED Turbo e-Bikeシリーズの最新モデルとなるComo SLは、最大出力240ワットのSuper Light System モーターを搭載し、ライダーの漕いだ力の2倍までアシストしてくれる電動アシスト自転車です。

 Como SLではメンテナンス時間を削減するため、内装ギアハブのほか、上位グレードのComo SL 5.0においては注油の不要なベルトドライブを採用。

「SPECIALIZED(スペシャライズド)」の最新の電動アシスト自転車「Como SL(コモ エスエル)」(写真は日本未導入カラー)

 別売りのレンジエクステンダーを組み合わせれば、航続可能距離を最長150kmまで伸ばすことが可能です。
 
 そのほか、Como SLには最大15kgまで積載可能なバスケット、積載量20kg(片側10kg)のパニアバッグに適合するTurbo Super Lightリアラックなどが付属します。

 クリーンなデザインと優れた利便性を発揮するSPECIALIZED「Como SL」シリーズの価格(消費税10%込)は39万6000円からとなっています。

【了】

【画像】スペシャライズド「Como SL」の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事