2021 MotoGP第3戦ポルトガルGP ヤマハのF・クアルタラロが今季2勝目 復帰を遂げたM・マルケスは7位フィニッシュ

2021 MotoGP 第3戦ポルトガルGP決勝レースがポルトガルのアルガルベ・インターナショナル・サーキットで開催されました。今回のレースでは前戦に引き続きF・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が優勝を勝ち取りました。

F・クアルタラロが独走

 2021 MotoGP 第3戦ポルトガルGP決勝レースがポルトガルのアルガルベ・インターナショナル・サーキットで開催されました。

2021 MotoGP 第3戦ポルトガルGP決勝レースの様子

 ポルトガルGP決勝はポールポジションを獲得したファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、2番手のアレックス・リンス選手(チーム・スズキ・エクスター)、3番手のヨハン・ザルコ選手(プラマック・レーシング)が一列目スタート。

二列目にはジャック・ミラー選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)、フランコ・モルビデリ選手(ペトロナス・ヤマハSRT)、今季初出走となるマルク・マルケス選手が並びました。

 スタート直後の1コーナーではヨハン・ザルコ選手がトップを奪取。2番手にはA・リンス選手、3番手にはJ・ミル選手、その後にF・クアルタラロ選手、J・ミラー選手が続きます。

 6周目に入ると表彰台を狙える位置につけていたJ・ミラー選手、2020年のポルトガルGPで勝利を収めたミゲール・オリベイラ選手(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)がクラッシュ。M・オリベイラ選手はその後レースに復帰しています。

 レース中盤、13周目を終えた時点で、トップはF・クアルタラロ選手、2番手にA・リンス選手、3番手にJ・ザルコ選手が続きます。

 レース15周目にはバレンティーノ・ロッシ選手(ペトロナス・ヤマハSRT)、19周目には2番手走行のA・リンス選手がクラッシュしリタイア。21周目には表彰台争いをしていたJ・ザルコ選手もクラッシュしリタイアしています。

 レース終盤に入るとF・クアルタラロ選手が2番手のF・バニャイア選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)に4秒以上の差をつけて独走。そのままチェッカーフラッグを受けて今季2勝目を記録しました。

 2位以降はF・バニャイア選手、J・ミル選手、F・モルビデリ選手、B・ビンダー選手(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)が続いています。

 なお、怪我の影響により長期離脱していたマルク・マルケス選手(レプソル・ホンダ・チーム)は、9ヶ月ぶりのレースで7位フィニッシュ、日本人ライダーの中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は10位フィニッシュとなっています

 今回のレースを終え、表彰台を獲得した3選手は次のようにコメントしています。

■ファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

2021 MotoGP 第3戦ポルトガルGPを制したファビオ・クアルタラロ選手

「今の私は自信に満ち溢れているように感じます。このような状態を取り戻せたことはとても重要です。前回ドーハで得た自信と同じものを、今日も感じることができました。私たちは今、勝つために何が必要かということがわかっています。フロントのフィーリングが良ければハイペースで走ることができるのです。

 今日は自分のライディングだけに集中し、素晴らしいペースが出ていました。自分でも驚くほどです! また後ろに迫るリンスのプレッシャーも感じていて何とか振り切ろうと頑張っていたのですが、そうするうちに彼のほうがミスをしました。そのあとは少し楽になり、バニャイアとの差をさらに広げることもできました。
 
 この3日間、私たちはとても素晴らしい仕事ができたと思っています。昨日は全セッションでトップ、今日も優勝することができ、2日後の私の誕生日を祝うための最上のプレゼントにもなりました。すべてはチームのおかげ。心から感謝しています。次は大好きなコースのひとつ、ヘレスへ向かいます。待ちきれない気持ちです」

■フランチェスコ・バニャイア選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)

2021 MotoGP 第3戦ポルトガルGPで2位を獲得したフランチェスコ・バニャイア選手

「今日のレースの結果にはとても満足しています。11番手スタートだったので、5位以内に入ることを目標にしていましたが、結果的に表彰台に立つことができました。しかも、昨シーズンはかなり苦戦したコースでしたが、今年はマシンのフィーリングが素晴らしく、見事な復活を遂げることができました。

 終盤はかなり苦しみましたが、最終的にはミルのアタックから2位を守ることができて、チャンピオンシップでも2位になりました。今週末、一緒に素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したいと思います」。

■ジョアン・ミル選手(チーム・スズキ・エクスター)

2021 MotoGP 第3戦ポルトガルGPで3位を獲得したジョアン・ミル選手

「今朝のウォームアップでは非常に好調だったので、レースペースは良いと思っていましたが、レース中盤にトラブルが発生するとは思っていませんでした。理由はよくわかりませんが、バイクのフロントに苦戦し始めました。これはチェックして学ばなければなりません。

 でも全体的には満足しています。というのも、今週末は好調で、自分にとってはあまり得意ではないコースで表彰台を獲得できたからです。次のヘレスは非常に競争の激しいレースになると思いますが、また良い結果を残したいと思っています」。

※ ※ ※

 MotoGP第4戦スペインGPは5月2日にヘレス・サーキットで開催予定です。

【了】

【画像】凄まじいバンク角! MotoGPライダーの走りを画像で見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事