バイクに装備されているキャブレターの役割とは?

バイクのエンジンを構成する重要部品のひとつである「キャブレター」の役割はご存知でしょうか? 簡単に言うとエンジンへの燃料(混合気)供給装置ですが、最近はバイクでもインジェクションの採用が進んで、キャブレターの役割・構造など、忘れられているようです。今後、インジェクション車の増加、バイクの電動化などで、キャブ仕様の旧車は貴重な存在になっていくと思われます。クラシックバイクファンが、キャブ仕様バイクを維持するため、メンテナンス方法などについて知っておきたい情報です。

そもそも、キャブレターって何?

 バイクに限らず自動車エンジンの一部である「キャブレター」は、日本語で「気化器」と呼ぶ装置です。スロットルに応じてエンジンにガソリンと空気を混ぜた混合気を供給するシステムです。アクセル開度によって走行状態に合わせ、エンジン内部に燃料と空気と混ぜた混合気を霧状に噴射して供給するための重要な部品のひとつです。キャブレターがシリンダー内部に噴射した混合気を燃焼させることで、エンジンはエネルギーを発揮します。

キャブレターの構造は、ベルヌーイの定理を応用した「ベンチュリー効果」を利用した重要部品です

 キャブレターの構造は、ベルヌーイの定理を応用した「ベンチュリー効果」を利用した重要部品です。シリンダー内部でピストンが下がることで起こる負圧流速で、燃料を吸い込みながら空気と混ぜ、液体のままでは燃えにくいガソリンを「適切な状態と量の混合気」として、エンジンのシリンダー内部に霧状に噴射するのです。

 その仕組みは内部にある部品の役割で区別され、アイドリングや低速時には「スロージェット」、高速域では「メインジェット」という径の異なる部品を使い分けて大きく流入量を変化させています。アイドリング(全閉)ではメインジェットの穴を塞いでいる「ニードルジェット」を、アクセル開度に応じて持ち上げることで中間域から高速域(全開)での混合気供給量の調整を行っています。

 現在バイクの燃料供給装置として主流の「インジェクション」との大きな違いは、キャブレターは自然現象を利用した流体力学の応用により、電気を使用せずに燃料供給を行なっています。それが故に、気温や気圧の影響を受けやすく管理・調整が難しいというデメリットがあります。

 そこで環境に左右されにくい燃料供給装置として「フューエル・インジェクション(FI)」が登場し、コンピューター制御による状況に合わせた空燃費調整により、常に最適な燃料供給を行えるようになったのです。

 インジェクション車のメリットとしては、外気だけでなくエンジンの状態も各部センサーが取得した情報として利用、適切に調整してくれる大きなメリットがあります。しかし、コンピュータが故障するとバイクがまったまったく動かなくなる事態になるほか、修理や調整は専用のコンピュータシステムで行うため、素人が手を出せないという側面もあるのです。

 キャブとインジェクション、どちらが優秀かと言えば、燃焼バランスの良さなどによる環境性能の高さで判断すると、現在の車両がキャブレターを使わない(使えない)ことでもあきらかです。しかし、キャブ仕様車には、乗り手の高い趣味性、メカに対するこだわりを満足させる部分があるといえるようです。

 2008年9月当時の国土交通省の発表によると「世界でもっとも厳しい基準」とされた「新規排出ガス規制(平成18年排出ガス規制)」のクリアは、キャブレター仕様のままでは難しいと判断。主要メーカーのラインナップから多くのキャブレター車が、姿を消したのです。

2007年にはホンダの「スーパーカブ」もインジェクションを採用

 1970年代の米国マスキー法対応に対応するため国産乗用車メーカーが競って採用したインジェクションのバイクへの実用化は、キャブレター車全盛期とも言える1980年代にカワサキの「Z1000H」などで実施されました。しかし、身近なバイクで本格的に実用化されたのは、2003年のホンダ製4ストローク50ccスクーター用のPGM-FIエンジンでした。2007年にはビジネスバイクの代表格であるホンダの「スーパーカブ」もインジェクション化されました。

 もはや貴重な“絶滅危惧種”となってしまったキャブ仕様バイクですが、キャブ仕様クラシックバイクを中古市車で購入しようと考えている人は、長く愛車を維持するためにも、そのメンテナンス方法について知っておくべきでしょう。

キャブレターシステムのメンテナンス方法

 ユーザーが自ら可能なキャブレターのメンテナンス方法は、まずメーカーの指定するバランスを正常に保つための「分解洗浄」です。「アイドリングが安定しない」「アクセルを開けると息継ぎする」などの症状が現れたバイクは、キャブレターの分解洗浄を実施することで改善することが少なくありません。

分解洗浄の方法は、まずキャブレターの中のガソリンをドレン穴から抜き、エンジンからキャブレター本体を外すところから始まります

 分解洗浄の方法は、まずキャブレターの中のガソリンをドレン穴から抜いて、エンジンからキャブレター本体を外します。パイロットスクリューの通路をキャブクリーナーやパーツクリーナーなどで洗浄していきます。

 次に、キャブレターのフロートチャンバーを外して分解していきます。内部で燃料の位置を測る「浮き」の役割を果たすフロートチャンバーや、その支点となるフロートピン・フロートバルブのチェックをします。摩耗などで規定値にないときは交換します。

 フロート類を外したら、ガソリンが通る経路となるジェット類も取り外します。ジェットの中に古いガソリンの固着による詰まりがあるときには、針金などを通して先に大きなゴミを取り除いて貫通させてから洗浄していきます。全体の汚れがひどいときには、全てを分解してから専用の洗浄液に漬け込んで汚れを除去する方法もあります。

 キャブレターのメンテナンスの注意点は、不調の状態から判断できる「清掃すべきポイント」を明確にすることです。アイドリングの不調であればスロー系、アクセル開度による不調ならばメインジェットと構造を理解したうえで、状態改善のため準備をします。そして、必要な部分を重点的に清掃して、ほかの部品には極力触らないことと、フロートチャンバーを外すときにガスケットを傷つけないようにすることです。

 目に見えない傷や破損で「オーバーフロー(ガソリン漏れ)」などの不具合が発生することもあり、余計なものを外してしまうと組み付けが困難になるだけでなく、仮に形は元に戻っても、機能が正しく発揮されない事態も起こり得ます。最初は最小限の範囲にとどめておきながら、サービスマニュアルにある油面や各部のスクリュー戻し量の調整を正しく実施してください。

※ ※ ※

 キャブレターは非常にデリケートな装置なので、標高差による気圧の変化や季節ごとの変化によりセッティングが異なることにも気をつけなければなりません。間違った状態ではバイクの本来のパワーを損なうだけでなく、不調の症状をさらに酷くすることに繋がります。自信がないときは触らずにサービスショップに依頼した方が良いでしょう。

【了】

【画像】キャブレターの画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事