CFMOTO「300NK」 バイク大国インドに導入

全地形対応車であるATVやバイクを製造、販売する「CFMOTO」は、ネイキッドモデル「300NK」をインド市場に導入しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ストリートファイター調のデザインを取り入れたネイキッドモデル

 全地形対応車であるATVやバイクを製造、販売する「CFMOTO」は、ネイキッドモデル「300NK」をインド市場に導入しました。

CFMOTOがインド市場に導入した「300NK」

 中国の浙江省を拠点とするCFMOTOは、近年ではKTMとパートナーシップを結ぶなど活発な動きを見せるメーカーです。

 世界でも最大規模のインド市場に導入された300NKは、ボッシュ製の電子制御式燃料噴射装置を備えた排気量292ccの水冷単気筒エンジンを搭載したモデルで、クラッチ操作を軽くし、エンジンブレーキによるリヤタイヤのホッピングを抑えるアシストスリッパークラッチを搭載。

 6速ミッションやフルカラーTFTディスプレイとLEDの灯火類、KYB製の倒立フォークとプリロード調整可能なリアモノショックなど最新の装備が奢られています。

 BMW Motorrad「G310R」やKTM「390 Duke」などのライバル車になりうる300NKの価格は日本円で35万円相当となっています。

【了】

【画像】CFMOTO「300NK」の画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事