納豆好きにはきっと嬉しい、中央道「初狩PA」の朝限定「PA飯」 バイクで行く高速道路グルメ

ツーリングルートにも多く利用される中央自動車道のPA(パーキングエリア)には、魅力的な「PA飯」が豊富です。「初狩PA」(下り)で「朝定食」を食べてみました。

定番、シンプルだからこそ余計際立つ、富士納豆の存在感

 中央自動車道のパーキングエリア(PA)やサービスエリア(SA)には、ツーリングのスタートに最適な朝定食も充実しています。今回立ち寄った中央道下りの「初狩PA」(山梨県大月市)で、ご当地的な朝食メニューを見つけました。

中央道「初狩PA」(下り)の「朝定食」(560円)。ご飯に納豆、みそ汁、たくあん、焼き魚という「ザ・日本の朝ごはん」。納豆のボリュームがスゴイ

 平日7時から10時限定の「朝定食」(560円)をオーダーしたところ、まず視界に入ってきたのが大きなパッケージの納豆です。ほかの朝定食で見慣れた小ぶりなパッケージの納豆とは違い、量が多い! なんでも大月名産、創業80年以上という老舗の「富士納豆」だとか。

 口に運んでみると、歯ごたえある中粒サイズで、味は期待以上でした。量が多いので一度にご飯の上に載せられず、何回かに分けていただきました。そして焼き魚(サバ)、たくあん、みそ汁という日本の朝食定番のメンバーが揃います。「ライス単品以外は大盛りサービス中」ということで、朝からガッツリ食べる人は食堂のスタッフさんへお声がけを。

 焼き魚とみそ汁と納豆は、良い意味で想定内の味、子供の頃から慣れ親しんできた朝ごはんです。また「初狩PA」では、名物の「吉田のうどん」各種も用意されているので、今度立ち寄った際には味わってみたいと思います。

小規模なPAながら、食堂があるのが嬉しい。しかし2輪専用の駐車スペースが確保されていないのが残念

 お土産コーナーでは桔梗信玄餅関連のおやつがたくさん売られていました。すぐに食べたかったのでアイス最中(227円)を購入。信玄餅のテイストが濃厚でした。こちらもオススメです。

【了】

【画像】中央道「初狩PA」(下り)のPA飯を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事