東京モーターサイクルショー開催に向けて準備開始 10月より出展者募集

東京モーターサイクルショー協会は、2022年3月25日(金)~27日(日)にかけて開催予定のモーターサイクルイベント「東京モーターサイクルショー」の準備を進めることを発表しました。第49回目(47・48回はコロナ感染症の影響で中止)は会場を拡大し、開催されるようです。

新しいイベント様式で開催

 東京モーターサイクルショー協会は、2022年3月25日(金)~27日(日)にかけて東京ビッグサイト開催予定のモーターサイクルイベント「第49回東京モーターサイクルショー」の準備を進めることを発表しました。

第46回東京モーターサイクルショーの様子

 1971年に第1回が開催され、2022年で49回目を迎える東京モーターサイクルショーは、モーターサイクル産業の振興と、健全なモーターサイクル文化の育成・普及を通じ、豊かな社会生活の実現と経済の発展に寄与することを目的に開催されてきた国内最大級のモーターサイクルイベントです。

 2020年(47回)、2021年(48回)の2年間は、コロナ感染症の影響で中止となりましたが、東京モーターサイクルショー協会によると、第49回は二輪業界の活性化に貢献するため、ウィズコロナ時代に相応しい新しいイベント様式で開催予定といいます。

第46回東京モーターサイクルショーの様子

 また、第49回の東京モーターサイクルショーでは会場である東京ビッグサイトの西ホールを全館使用し、会場を拡大。第46回対比128%の広々としたスペースで開催されます。

 なお、東京モーターサイクルショーの入場料は前売り券(税込):大人1800円・高校生500円/当日券 (税込):大人2000円・高校生500円で、10月より出展企業の募集を開始予定です。

【了】

【画像】第46回東京モーターサイクルショー(2019)の様子の画像を見る(18枚)

画像ギャラリー

最新記事