「ゼブラゾーン」を走行してもいいのか?

街中を走行中、右折レーンの手前などで白い縞模様のペイントを見かけたことがある方も多いでしょう。これは、「ゼブラゾーン」という道路標示。「ゼブラゾーン」は、どういった理由で設置されているのでしょうか。また、走行しても問題ないのでしょうか。

ゼブラゾーンは走行できるのか?

 ゼブラゾーンは、導流帯とも呼ばれる道路標示で、交差点の手前などで斜めの白線を白い枠線で囲んでいる区画線を指します。右折帯の手前で見他ことがある方も多いのではないでしょうか。このゼブラゾーンは、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令別表第三(第五条関係)によって、車両の安全かつ円滑な走行を誘導する必要がある場所に設置されています。つまり、渋滞や事故のリスクを減らす目的で設置されているのです。

ゼブラゾーンは、渋滞や事故のリスクを減らす目的で設置されています

 ゼブラゾーンの渋滞のリスクを減らす点として挙げられるのは、右折待ちの車両が多く待機できる点でしょう。右折待ちの車両が多い場合、右折レーンに収まりきらず車両が直進レーンにまで列ができてしまうことがあります。これにより、直進したい車両が前に進むことができず、渋滞に繋がってしまう場合があるのです。ゼブラゾーンを利用することによって、渋滞が起きにくくなっているといえます。

 つまり、ゼブラゾーン内を走行したり、並ぶことは法律上は問題ありません。にもかかわらず、意外にもゼブラゾーンでは事故が起こりやすいと言われています。過去には、右折するためにゼブラゾーン内を直進してきた車両と、ゼブラゾーンを使わずに右折レーンの白線に沿って進路変更をした車両の衝突事故が起きました。

「ゼブラゾーンは本来走行を想定していない」という考えが一般的で、過失が修正される場合もあり

 一般的には、直進車より進路変更をしたクルマの方が過失が多いものです。しかし、「ゼブラゾーンは本来走行を想定していない」という考えが一般的であるため、過失が修正される場合もあります。その場合は、ゼブラゾーンを走行した直進車に30%~50%、進路変更した車に50%~70%の過失が上乗せされるのです。

ゼブラゾーンはどのように利用すべき?

 まず、道路が空いている時はなるべく右折レーンを使用しましょう。例えば、道路が混雑しておらずゼブラゾーン使用する必要がない場合は、無理してゼブラゾーンを走行する必要はないといえます。逆に、右折レーンが詰まっている場合や、直進が詰まり右折レーンに並べない場合は、本来のゼブラゾーンが効果を発揮するタイミングといえるでしょう。

ゼブラゾーンを走行する際は、あまり速度を出さないことが重要です

 ゼブラゾーンを走行する際は、あまり速度を出さないことが重要です。「ゼブラゾーンは本来走行を想定していない」ということを考慮 すると、あまり速度を出さないことが無難といえます。

 本来は進路変更を行う時に合図が必要ですが、ゼブラゾーンを利用したい場合、合図が必要なのか曖昧。つまり先述した事例のような、予期しないタイミングで前方の車両が「ゼブラゾーン」に侵入してくる可能性もあるのです。そういったケースに対応出来る速度で走行することを心がけ、前方と後方を注意しながら利用しましょう。

※ ※ ※

 ゼブラゾーンを走行しても、法律上特に問題ありません。渋滞の抑止や事故のリスクを減らす役割を持っていますが、一般的には走行を想定していない特殊な区域なのです。

 ゼブラゾーン内での事故も起こりやすいとされているうえ、過失の割合も変わってしまうことから、走行するには注意が必要な区域であるともいえます。しかし、ゼブラゾーンの本来の使い方を解釈すれば、渋滞や事故のリスクを減らすことができます。ライダーはもちろんドライバーの方も、今日からゼブラゾーンを上手く使用することを心がけましょう。

【了】

【画像】「ゼブラゾーン」の写真を見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事