ホンダの250クルーザー「レブル250 Sエディション」に新色「パールスペンサーブルー」追加 2022年1月20日より発売

ホンダは250ccクラスのクルーザーモデル「レブル250 Sエディション」に新色「パールスペンサーブルー」を追加し、2022年1月20日より発売します。

「Sエディション」のタンクとリアフェンダーに鮮やかなブルーを採用

 ホンダは250ccクラスのクルーザーモデル「Rebel 250 S Edition(レブル250エス・エディション)」に新色「パールスペンサーブルー」を追加し、2022年1月20日より発売します。価格(消費税10%込み)は63万8000円です。

ホンダ「Rebel 250 S Edition」新色:パールスペンサーブルー(2022年1月20日発売)

「レブル250」に純正アクセサリーがパッケージ装着された「レブル250 Sエディション」は、ヘッドライトカウル、フォークカバー、フォークブーツ、ダイヤモンドステッチ風ワディングシートなどにより個性的なスタイルを演出しており、2017年「レブル250」デビュー後、2020年にタイプ追加されました。

 新色の「パールスペンサーブルー」はスポーティな印象となるカラーリングとして追加され、燃料タンクとリアフェンダーの鮮やかなブルーに合わせ、シートはブラックとなっています。継続色の「マットアクシスグレーメタリック」と合わせて全2色のカラーバリエーションとなります。

「Rebel(レブル)」シリーズには「レブル250」の2タイプのほか、大排気量エンジンを搭載する「レブル500」、「レブル1100」そしてクラッチ操作を必要としない「レブル1100 DCT」がラインナップしており、いずれも特徴的な形状のフューエルタンクや、くびれのあるナロースタイルのフレームボディ、ワイド&ファットサイズの前後タイヤ、ブラック仕上げのエンジンや各部パーツなどデザインが共通されており、幅広い層のユーザーから支持される人気シリーズとなっています。

※ ※ ※

 ホンダ「レブル250 Sエディション」(パールスペンサーブルー)の国内年間販売計画台数は7000台です。

【了】

【画像】ホンダ「レブル250」シリーズを見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事