カワサキが「Z H2」シリーズ 新色を採用した2022年モデルを発表

カワサキは2021年11月15日に「Z H2」シリーズの2022年モデルを公開しました。新型モデルでは新しい外装色が採用されています。

レッド&グリーンのニューカラー

 カワサキは2021年11月15日に「Z H2」シリーズのニューカラーを発売すると発表しました。

 新色は、Z H2がメタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック(GY1)、上位機種「Z H2 SE」がメタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン(GN2、継続)です。

カワサキ「Z H2」2022年モデル

 カワサキ独自のバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載したスーパーネイキッドZ H2シリーズは、「SUGOMI」スタイリングを身にまとい圧倒的な存在感を放つ大型モデルです。

 Z H2シリーズでは優れた操縦性・快適性を発揮する多数の最新装備を搭載したことで、パワーを余すところなく発揮。溢れんばかりのパワーと扱い易さを両立した同モデルは、カワサキが技術の粋を結集し、モーターサイクルのあるべき姿を具現化したZシリーズのフラッグシップモデルとなっています。

カワサキ「Z H2 SE」2022年モデル

 また、上位機種のZ H2 SEでは、Z H2が持つ圧倒的なパワーと優れたコントロール性という究極の両立を維持しながら、KECS(カワサキ電子制御サスペンション)を搭載。

 スカイフックテクノロジーを実装する前後の電子制御サスペンションは、よりスムーズな乗り心地をもたらし、快適性と楽しさを向上させてくれます。

 さらに、ブレンボのStylemaとマスターシリンダーが採用されたフロントブレーキコンポーネントは、制動力とコントロール性を向上。スーパーチャージドフラッグシップZの魅力が、さらに高められた1台となっています。

 Z H2シリーズ最新モデルの発売予定日は2021年12月17日で、価格(消費税込)は、Z H2が191万4000円、Z H2 SEが220万円です。

■主な変更点
・カラー&グラフィックの変更(Z H2 SEのカラーは継続)

■主要諸元
・車名(通称名):Z H2/Z H2 SE
・全長×全幅×全高:2085mm×810mm×1130mm/2085mm×815mm×1130mm
・エンジン種類/弁方式:水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
・総排気量:998cm3
・車両重量:240kg/241kg
・燃料タンク容量:19L

【了】

【画像】カワサキ「Z H2」シリーズ2022年モデルを画像で見る(21枚)

画像ギャラリー

最新記事