ベネリ「レオンチーノ125」 原付二種の「小さなライオン」最新モデル公開【EICMA 2021】

ベネリは「Leoncino(レオンチーノ)125」の最新モデルを2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

シリーズ共通デザインのネイキッドモデル

 ベネリは「Leoncino(レオンチーノ)125」の最新モデルを2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

ベネリ「レオンチーノ125」

 ベネリを代表するモデルであり、イタリア語で「小さなライオン」を意味する「レオンチーノ」をモデル名に掲げる同シリーズ最小モデルのレオンチーノ125は、新型の単気筒4ストロークの水冷式125ccエンジンを搭載する原付二種ネイキッドモデルです。

 シングルオーバーヘッドカムシャフトを採用し、1気筒あたり4バルブ、電子制御式インジェクションで制御されたエンジンを、伝統的なスチール製トレリスフレームに搭載するレオンチーノ125では、クラシックとモダンをミックスしたラインを表現するためユニークな形状のガソリンタンクを装備。

 フルLEDの灯火類、視認性に優れたデジタルインストルメントパネル、倒立フロントフォークなどのほか、フロントフェンダーの先端にはラインを象ったオーナメントが装備されています。

 2022年春から、各ベネリディーラーで販売予定のレオンチーノ125。日本でも人気の高い原付二種モデルだけに導入に期待したいところです。

【了】

【画像】ベネリ「レオンチーノ125」最新モデルの画像を見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事