原付二種スクーターSYM「JET X」発売 欧州で人気のJET14のDNAを受け継いだスポーツスクーター

様々な海外製のバイクを取り扱うモーターリスト合同会社は、台湾のバイクメーカーSYM(エス・ワイ・エム)のスクーターモデル「JET X」を発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

スポーティでコンパクトな軽二輪スクーター

 様々な海外製のバイクを取り扱うモーターリスト合同会社は、台湾のバイクメーカーSYM(エス・ワイ・エム)のスクーターモデル「JET X」を発売しました。

SYMの原付二種スクーター「JET X」
SYMの原付二種スクーター「JET X」

 排気量124.6ccの水冷単気筒エンジンを搭載するJET Xの最新モデルは、これまでの SYM がこだわってきたステップスルーのデザインから、ホールドの良いセンターフレーム構造へ変更し、スポーティさを強めた原付二種スクーターです。

 停車時や危険時など後方車への合図や警告を促すためのハザードコントロールスイッチを採用するJET Xでは、LEDの灯火類やキーレスシステムを搭載。

 周りの環境に合わせてバックライトの明るさが自動的に変化するLCDマルチメーターや、フルフェイスヘルメットが収まるシート下収納など、普段使いに最適な一台に仕上げられています。

 レッド、ホワイト、ブラックの3色が用意されたJET Xの価格(消費税10%込)は36万3000円となっています。

■SYM「JET X」
エンジン排気量 124.6cc
ボア×ストローク φ52.4×57.8mm
最高出力 9.3kW/8000rpm
最大トルク 11.5Nm/6,500rpm
全長×全幅×全高 2000×760×1115mm
ホイールベース 1350mm
シート高 770mm
タイヤサイズ (F)  100/90-14
タイヤサイズ (R) 110/80-14
燃料タン 7.5L

【画像】SYMの原付二種スクーター「JET X」の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事