ヤマハ「シグナス グリファス」は技術の進化を感じるスクーター! レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション

国内外で様々なレースに参戦するレーシングライダー石塚健選手が、ヤマハ「シグナス グリファス」をインプレッションしてくれました。

背は高めだけど安定感抜群

 皆さんこんにちは!レーシングライダーの石塚健です。今回は、2021年12月23日にヤマハから発売されたばかりの、BLUE CORE(ブルーコア)エンジン搭載の原付2種スクーター、「シグナス グリファス」に試乗させてもらったので、そのレポートを書かせていただこうと思います!

ヤマハの原付二種スクーター「シグナス グリファス」と筆者(石塚健)
ヤマハの原付二種スクーター「シグナス グリファス」と筆者(石塚健)

 ブルーコアエンジンというのは、高燃焼効率、ロス低減、冷却性の3点に照準を合わせて開発され、走りの楽しさと燃費、環境性能を両立させるエンジンです。

そしてシグナス グリファスは、「Advanced Total Performance Sport」をコンセプトに開発。従来モデルの「シグナス X」をフルモデルチェンジした、シグナスシリーズ初の水冷エンジン搭載車となっています。パワーは従来比で20%以上、燃費は約20%向上しているとのこと。

身長165cmの僕だと、つま先は問題なく着きますが、かかとが少し浮いてしまいますが、まったく不安はありません
身長165cmの僕だと、つま先は問題なく着きますが、かかとが少し浮いてしまいますが、まったく不安はありません

 まずは足つきですが、身長165センチの僕だと、つま先は問題なく着きますが、両足のかかとが少し浮いてしまい、このクラスのスクーターにしては少しシートが高め。といっても、乗っていてまったく不安はありません。お尻を左右にずらして片足で支えれば、なんの問題もありませんでした。

 また、シートの座り心地が適度に固く、先端に向かって細く絞られた形状になっているため、乗車中にお尻を動かしやすいので、様々な走りに対応してくれ、座り心地も抜群です。

足置き場は少し高く感じましたが、しっかりとホールドできる
足置き場は少し高く感じましたが、しっかりとホールドできる

 車体は軽く取り回しも楽々。足置き場は少し高く感じましたが、しっかりとホールドできるので、バイクとの一体感を感じることができました。

走りの印象はスポーティ

 走行してみると、まず思ったのが、なんだか前方の見晴らしがとても良い!

 姿勢を正し、背筋を伸ばすとより視界が広くとれ、運転に余裕が生まれる気がします。そのため、混雑した街中やコンディションの悪い道路などでも、状況を把握しやすく、安心して走行できるでしょう。

「シグナス グリファス」のスムーズで力のある加速感を楽しむ筆者(石塚健)
「シグナス グリファス」のスムーズで力のある加速感を楽しむ筆者(石塚健)

 続いてスロットルを開けた際ですが、レスポンスは手の動きに対して忠実で、エンジン音は割と静かめ。とてもスムーズに加速していき、スムーズでありながらも、なかなかの加速力を発揮してくれます。エンジンは中速から上の力がある感じで、ポテンシャルの高さを実感。

 サスペンションは前後ともカッチリとしていて、フワフワ感はありません。ブレーキング時の荷重がかかっている時も、しっかりと踏ん張りが効くスポーティな特性を持っていると感じました。

エンジンは中速から上の力がある感じで、ポテンシャルの高さを実感
エンジンは中速から上の力がある感じで、ポテンシャルの高さを実感

 安定感もあり、とても乗りやすい「シグナス グリファス」。価格(消費税込 以下同様)は、35万7500円です。

 また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーが施された「シグナス グリファス WGP 60th Anniversary」も1000台限定で2月24日に発売されるとのことで、同モデルの価格は36万8500円となっています。

スポーティーな走りも堪能できるヤマハの原付二種スクーター「シグナス グリファス」
スポーティーな走りも堪能できるヤマハの原付二種スクーター「シグナス グリファス」

 原付二種スクーターでありながら、スポーティな感覚を楽しめるシグナス グリファス。スクーターも、ここまで進化してたのか!と純粋に驚きがたくさんありました。

 是非、この記事を読んでいるみなさんにも、体感して頂きたい1台です。

【画像】レーシングライダー石塚健がヤマハ「シグナス グリファス」に試乗する様子を画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

Writer: 石塚健

(レーシングライダー)埼玉県出身の26歳。3歳からポケットバイクに乗り始め、ロードレースというオートバイ競技に参戦。現在はその世界選手権である「MotoGP」を目指して日々、活動中。
2019年から、ヨーロッパでおこなわれる「FIM CEV REPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップ」への挑戦を開始。2022年は、「全日本ロードレース選手権」のST1000クラスをメインに、「世界耐久選手権」、「FIM CEVREPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップ」にも参戦します。スポンサー募集中!応援よろしくお願いします。

最新記事