レブル1100 DCTのハイテクさにワクワクが止まらない! クリスさんの愛車選び

Aloha Happy Friday! “The next station is...SUNNY RIDE!” 声優&ヒーラーとして活動するクリステル・チアリの連載へようこそ!毎週のぞいてくれるだけで、楽しい気分になれる不思議空間。今週もゆったりと、クリスワールドに浸かってってくださいませ。

ハイテクすぎる「レブル1100」にビックリ

 しばらく原付二種に乗っていたからか、ホンダ「レブル1100」が、すんごく大きく、ハイパワーでびっくり!と同時に、楽しさでいっぱいだったクリスさん。
 
 ちゃんと説明を聞かずに乗り出してしまったから、いろんな機能があるのに全然分からず…。説明書を読むより、体感して探ってくタイプです(笑)

すんごく大きく、ハイパワーのホンダ「レブル1100 DCT」に試乗
すんごく大きく、ハイパワーのホンダ「レブル1100 DCT」に試乗

 DCTは自動でシフトチェンジをしてくれるから楽やねんけど、左手も左足も家に着くまでずっとエア状態。そして自分のシフトチェンジのタイミングとレブルのタイミングが違って、不思議な感じ。
 
 メーターに表示されているライディングモードが4つあるから、そのなかから自分のお気に入りを見つけるといいみたい。

ハンドル左側には、走行モード選択やモードのシフトなどがあります
ハンドル左側には、走行モード選択やモードのシフトなどがあります

 左のハンドルバーでモードを選んで、セレクトボタンで決定。乗り出した時はSTANDARDになっていて、他にはSPORTS、RAIN、U S E Rって書いてある。
 
 さらにその下にPとTとEBとあって、パワー、トラクション、エンジンブレーキ。USERモードは、この3つを組み合わせて自分好みにセットしたらいいみたい。

右ハンドルにはエンジンをスタートさせるボタンのすぐ下に、ドライブモードを切り替えるスイッチが付いています
右ハンドルにはエンジンをスタートさせるボタンのすぐ下に、ドライブモードを切り替えるスイッチが付いています

 右ハンドルにはエンジンをスタートさせるボタンのすぐ下に、ドライブモードを切り替えるスイッチが付いていて、Dを押すとドライブモードに。その上にはNがあって、ニュートラルに入るようになっている。
 
 その横にはR/Mって書いてあって、MはマニュアルのM。これを押すと自分のタイミングで、足でシフトチェンジをするみたいに、左ハンドルの前後に付いているプラスとマイナスボタンでギアを自由自在に操作できるらしい。
 
 なんか、クルマのパドルシフトみたいやね。

久しぶりの大型バイクはパワーに注意!

 さらに下には時計みたいなボタンがあって、クルマの窓のアップダウンみたいなスイッチもあるけど、一体なんだろう。これがレブルの250ccと500ccには付いてないクルーズコントロールかも!? 自分のクルマにも付いてるけど、使ったことはない未知の世界。

 これを使うと、高速とか楽なんだよね!? でも使ったことがないし、借りている間に壊したらあかんから、このボタンは今回、触らないでおこう。ちゃんと、教えてもらってからにします。

ハンドルにボタンがたくさん付いていて操作方法が乗り始めはわかりにくい面もある
ハンドルにボタンがたくさん付いていて操作方法が乗り始めはわかりにくい面もある

 ハンドルにボタンがたくさん付いていて、最初はどうしようかと思ったけど、とりあえずエンジンをかけるときに、ちゃんとNに入っているかを確認してからエンジンをON。

 それから走り出す前にブレーキを握り、右足もブレーキを踏んでDをポチッとしたらOK。細かいことは、乗りながら感じていこう。

 ここでクリスさんが感じた、注意ポイントが一点。

 免許を取ったばっかりとか、久しぶりに乗る人、小さい排気量から大排気量にステップアップしたばかりの人は、走り出しに注意してくださいね!

1100㏄のエンジンパワーはすごいから、ブワっと前に押し出される
1100㏄のエンジンパワーはすごいから、ブワっと前に押し出される

 1100㏄のエンジンパワーはすごいから、ブワっと前に押し出されちゃう。ちゃんとハンドルを握って準備しておけば大丈夫やけど、何気なくフワッと出てビビったクリスさんでした。
 
 多分、原付二種のエンジンパワーに身体が慣れてたからだけど、最初は「ぉお!」って声が出て、自分でもびっくり。

 走り出した瞬間に、こけなくてほんまによかった。

 足のポジションもアメリカンならではの足が前すぎず、ちょうど椅子に座ったような位置
足のポジションもアメリカンならではの足が前すぎず、ちょうど椅子に座ったような位置

 パワフルなREBEL1100は、足のポジションもアメリカンならではの足が前すぎず、ちょうど椅子に座ったような位置やし、お尻も硬めやけど安心して座れる。遠出して、のんびり走って満喫してみようかな。ワクワクしながらsee you next week!

Christelle Ciari クリステル・チアリ Twitter

【画像】ホンダの大型クルーザーモデル「Reble1100 DCT」の画像で見る(9枚)

画像ギャラリー

Writer: クリステル・チアリ

父はギタリストのクロード・チアリ。19歳でKiss Fmのサウンドクルーとしてデビュー。その後バラエティーやMC、ナレーションなど幅広く活躍。
NHK教育テレビ『英語であそぼ』4代目おねぇさんに抜擢され生まれ育った関西から東京へ進出。『英語であそぼ』がきっかけで、全国の鉄道の英語車内アナウンスを担当することに。
声優、歌手、スポーツMC、幼児教育の先生やセラピストとしても近年全国を飛び回る。
元気印が取り柄のクリスさん、配信アプリ17ライブで毎晩22:30〜0:30みなさまからのリクエストを生でこたえてくれます!

最新記事