東北道「大谷PA」の朝限定メニュー 炭水化物どっさりでパワー注入! バイクで行く高速道路グルメ

バイクツーリングで立ち寄るサービスエリアやパーキングエリアでは、そのお店や地域ならではのグルメを楽しめます。今回は東北自動車道を北上中に「大谷PA」(下り)で朝食メニューをオーダーしました。

うどんはみそ汁替わり? 朝限定メニューは大量の炭水化物だった

 バイクツーリングで立ち寄るSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)では、その土地やお店ならではのグルメを楽しめる時がありますが、東北自動車道を北上中に「大谷PA」(下り)で10時までの販売となる朝限定メニューをオーダーしたところ、まったく逆の印象を受けました。

東北道「大谷PA」の朝限定メニュー「朝うどん定食」(530円)は、シンプルなだけに想像を裏切らない味。同じ内容で「朝そば定食」(530円)もある
東北道「大谷PA」の朝限定メニュー「朝うどん定食」(530円)は、シンプルなだけに想像を裏切らない味。同じ内容で「朝そば定食」(530円)もある

 フードコートでは「もつ煮定食」(880円)や「城山 佐野ラーメン」(750円)などがオススメのようですが、立ち寄ったのは朝だっため、朝限定という「朝うどん定食」(530円)を注文してみました。同様に「朝そば定食」(530円)もあり、いずれもご飯と納豆、少量のたくあんがセットになっています。

 朝食メニューとはいえ、なかなか特徴が見出せないセット内容ではありますが、考えてみたら、朝からこんなに大量の炭水化物を取る機会もそうそうありません。ご飯のお供はシンプルだし、うどんは刻みねぎがパラリと入っている程度です。

 味はというと、写真を見たまま、想像通りのものでした。うどんは関東の出汁ですが、それほど濃い味でもなく朝の胃袋でもすんなり収まります。ご飯の量は結構多めでなかなかの満腹感です。納豆は水戸納豆の小粒タイプで、単品(70円)でも販売されているので「追い納豆」も可能です。

 このフードコートでは、定番メニュー以外にも「宇都宮ハムカツ」(290円)や「いもフライ」(250円)などの単品が充実しており、「鶏唐揚(1個)」(160円)は1個から購入できます。

 また、テイクアウトメニューも「カツカレー」(980円)や「唐揚弁当」(880円)など種類があり、これはツーリング先の気持ちの良い場所で食べる、ということもできそうです。

2輪専用の駐車スペースも確保されているので安心
2輪専用の駐車スペースも確保されているので安心

 売店では栃木県定番の「関東・栃木レモン」なども販売されています。今回は福島産の「桃の恵み」という果汁ジュースを購入。甘い桃ジュースを想像していたら全くの別物で、リアルな桃の果汁という感じで、スッキリしていて飲みやすいものでした。売店もフードコートも、営業時間は7時から19時です。

 SAよりも商業施設の規模が小さいPAですが、4輪の駐車スペースはかなり広く、大型車の利用が多数見られました。バイクの休憩にも最適です。

【画像】東北道「大谷PA」(下り)の朝限定PA飯を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事