新名神「鈴鹿PA」で名物「ぼつ焼」に舌鼓!! バイクで行く高速道路グルメ

バイクで高速道路を移動中に立ち寄るパーキングエリアやサービスエリアでは、地元ならではのグルメを楽しむことができます。新名神「鈴鹿PA」では、鈴鹿名物「ぼつ焼」を堪能できました。

鈴鹿サーキットのお膝元、名物「ぼつ焼」も堪能できる!

 新名神高速道路「鈴鹿PA」は三重県鈴鹿市にあり、上下線共用施設となっています。「ぷらっとパーク」として、一般道からのアクセスも可能です。

新名神「鈴鹿PA」でオーダーした彩りも美しい「ぼつ焼丼とミニうどん」(870円)。味も満足できる内容だった
新名神「鈴鹿PA」でオーダーした彩りも美しい「ぼつ焼丼とミニうどん」(870円)。味も満足できる内容だった

 鈴鹿市街を走ったことがある人なら分かるかもしれませんが、鈴鹿名物という「ぼつ焼」が以前から気になって仕方がありませんでした。なんでも松阪豚のバラ肉の一部(横隔膜)を焼いたもので、鈴鹿市内に店を構える「焼肉のみさき屋」の名物料理だそうです。

 それを「鈴鹿PA」で食べられると知り、さっそく注文しました。「焼肉のみさき屋 ぼつ焼丼とミニうどん」(870円)です。みさき屋との共同開発メニューとあって、期待に胸も高まります。

 昼間の時間帯だったため少々待ちましたが、出来上がってきた「ぼつ焼」を一口食べて納得です。肉の食感と旨味は想像を超えるものでした。白飯にもよく合い、添えられたねぎやキムチと混ぜても美味。これは鈴鹿名物として名高いのもうなづけます。

 ミニうどんの方は関西風の味付けであっさりとしており、ぼつ焼丼とのマッチングも絶妙でした。

クシタニによる歴代レジェンドライダーたちのレーシングスーツ展示も必見。ワイン・ガードナー、アレックス・バロスなどレジェンドの名前も
クシタニによる歴代レジェンドライダーたちのレーシングスーツ展示も必見。ワイン・ガードナー、アレックス・バロスなどレジェンドの名前も

「鈴鹿PA」はF1日本グランプリや鈴鹿8耐の舞台となる「鈴鹿サーキット」の地元ということもあり、施設内にはF1マシンやエンジン、歴代レジェンドライダーたちのレーシングスーツなどの展示でも知られています。訪れた際は3世代のホンダF1エンジンを見ることができました。

 鈴鹿名物グルメも堪能でき、モータースポーツファンにも嬉しい「鈴鹿PA」は、一度は訪れる価値があるのではないでしょうか。

【画像】新名神「鈴鹿PA」の「ぼつ焼」を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事