なぜ半クラ操作が必要? MT仕様のバイク操作

クルマでもバイクでも、MT仕様のモデルを運転する際は、必ず半クラ操作が必要となります。この、半クラ操作というのは、何の役に立っているのでしょうか。

半クラはエンジンの動力をスムーズに伝えるための準備運動

 MT仕様のバイクやクルマを運転する際に、必要な操作である半クラ。その感覚をつかむのに苦労した経験がある人も多いのではないでしょうか。

 この、慣れが必要な半クラ操作には、一体どのような役割があるのでしょうか。

MTバイクの発進時に重要となる半クラ操作
MTバイクの発進時に重要となる半クラ操作

 半クラ操作は、エンストさせないようにエンジンの動力を少しずつ伝えるための操作です。半クラ操作をせずに、停車状態から一気にクラッチを繋いでしまうと、エンジンがエンストするだけでなく、クラッチ盤が破損したり、異常摩耗をしたりする原因となります。またバイクの場合、エンストをしなくても車体が急発進してしまい、コントロールを失いうことでそのまま転倒する危険性が高まります。
 
 そんな半クラ操作はバイクの場合、クラッチレバーを握りこんでギアを1速に入れてから、アクセルを開けながら、徐々にクラッチレバーを離していきクラッチを繋ぎます。

 このクラッチというのは、MT仕様のバイクやクルマに搭載されている動力伝達装置のこと。クラッチは、エンジンとトランスミッション(変速機)の中間にあり、エンジンの動力がタイヤに伝わるようにする装置。同時に、エンジンの動力を遮断したりするスイッチのような役割も果たしています。

 ただし、一般的な電灯のスイッチのように、オン、オフを連続して切り替えるような使い方をしてはいけません。特に、MT仕様のバイクやクルマの発進時には、エンジンの動力をゆっくりと繋げるように半クラ操作するようにしましょう。

半クラ操作を活用することでスムーズな発進が可能
半クラ操作を活用することでスムーズな発進が可能

 半クラ操作を主に使用するのは発進時。停車からのスタート時や断続渋滞などが代表的です。では、半クラ操作をするにあたって注意すべき点は、あるのでしょうか。
 
 まず、走行中のシフトチェンジでは、半クラッチ操作の多用は禁物。走行中は、発進時のようにクラッチを穏やかに繋ぐ必要はありません。特にギアを上げるシフトアップでは、クラッチは「ポンと繋ぐ」と表現されることもあり、ほぼ半クラ操作は不要。反対にギアを落とすシフトダウンの際は、そのままクラッチをすぐに繋ぐと、ガクンと大きなショックが起きる場合があるので注意してください。

 シフトダウン時はクラッチを繋いだ時のショックを穏やかにするために、短く半クラ操作をおこなうケースもあります。ただし、必要以上に半クラ操作を使用すると、クラッチ盤が消耗してしまうため、走行中の半クラは最小限に留めることがおススメ。クラッチの摩耗が進むと、クラッチを繋いでも動力がタイヤに伝わらなくなったり、反対にクラッチが切れなくなったりしてしまいます。

 そうなると、クラッチ盤を交換する必要がありますが、クラッチの部品代と交換費用は安いものではありません。もちろん、クラッチ盤は長期的に使用することで摩耗して交換が必要となる消耗品ではありますが、上手に使用することで、できるだけ長持ちさせたほうが無駄な費用が抑えられます。

走行中はあまり半クラ操作を多用しない。
走行中はあまり半クラ操作を多用しない。

 半クラの感覚は車両ごとに特徴があるため、使いこなすには、まずは慣れることが大切です。初心者ライダーは、半クラッチ操作は少ないほど車体には良い旨や、クラッチの繋がる位置を把握しておくと良いでしょう。

 アイドリング状態からフロントブレーキを握り、クラッチを切ってギアを1速に入れ、次にクラッチレバーを徐々に放していくと、クラッチが繋がる位置を探ることができます。この時に、アクセル操作はしないように注意してください。

【画像】半クラ操作を使いながらバイクライフを楽しむ様子を画像で見る

画像ギャラリー

最新記事