存在感と身軽さの好バランス それがアプリリア「トゥアレグ660」の魅力

アプリリアから本格的なオフロードバイクとして新登場となった「TUAREG 660(トゥアレグ660)」は、排気量659ccの水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載するミドルクラスのアドベンチャーバイクです。どのようなキャラクターに仕上がっているのでしょうか。試乗しました。

どんな道でも、想像以上のファンライドが楽しめる

 アプリリアの新型「TUAREG 660(トアレグ660)」は、プレミアムクラスのアドベンチャーバイクが持つ装備や、上級モデルと同等の存在感、魅力をそのままに、排気量659㏄の並列2気筒エンジンを搭載し、204kgという車重にパッケージングしたミドルクラスアドベンチャーバイクです。乗ってみるとスペックから想像された通り、軽さが印象的な1台だったのです。

アプリリア新型「TUAREG 660(トゥアレグ660)」(2022年型)に試乗する筆者(松井勉)
アプリリア新型「TUAREG 660(トゥアレグ660)」(2022年型)に試乗する筆者(松井勉)

 最初に見た時、そのサイズ感がボリュームたっぷりであることに驚きました。ホンダ「CRF1100Lアフリカツイン」と並べても大差ないのでは、と思ったほど。調べてみると、実際にはそこまでの大きさはないものの「立派」さも魅力のひとつであるこのカテゴリーのバイクにとっては大切なセールスポイント。

 跨がってみると、燃料タンクにつながるシート前端部はしっかりとシェイプされ、860mmのシート高から想像するより足つき性の安心感は高いものでした。前後240mmという長めのサスペンションストロークを持ちながら、ライダーが跨がった時点で比較的ソフトに沈む設定も手伝っていると思います。ちなみに筆者(松井勉)の体重は84kgなので、この体感も個人差があるとは思います。

 テーパー形状のアルミ製ハンドルバーは横幅があり、それも「トゥアレグ660」を大柄に感じさせる点かもしれません。ステップの位置はライダーがシートに座っていても、オフロードでスタンディングポジションを取っても良好なコントロール性を予感させるもの。オフロードバイク経験のあるライダーなら、直感的にそんなコトを思うのではないでしょうか。

 そしてTFTカラーモニターが備わるメーターパネルや、クルーズコントロールやライディングモード、各モードの設定変更を行ないやすいハンドルバーのスイッチ類など、いまやアドベンチャーバイクに欲しい項目の多くが備わっています。

アプリリア新型「TUAREG 660(トゥアレグ660)」(2022年型)
アプリリア新型「TUAREG 660(トゥアレグ660)」(2022年型)

 しかし、排気量の大きなアッパークラスのモデルと比較して、気になるのが659㏄のボリュームで満足感が得られる走りを楽しめるのか、という点です。エンジンは並列2気筒。270度クランクにより不等間隔爆発をもたらし、音、鼓動、そしてトルク感が低回転からライダーの感性を包み込みます。

 絶妙なギアリングと相まって、スタートしてからの加速は力強く、しかもスムーズさを失わないエンジン特性とのコンビネーションで、パワーとトルクの不足は全く感じません。今回、一般道でのツーリングを想定してテストを行ないましたが、力不足を感じることはありませんでした。いや、むしろ車体の軽さが走りの気軽さにつながります。

 景色の良い場所で止まり、一休みして走り出す時、まずサイドスタンドからバイクを引き起こす動作が軽い! 操作力の軽いクラッチをつなぎ、充分にある低速トルクの恩恵で気を遣うことがありません。

 オプションのクイックシフターを備えている試乗車では、変速操作もイージーです。クラッチ操作とシフティングのタイミングはライディングの醍醐味のひとつです。突き詰めれば、ドライブチェーンの遊びも自分に合わせて最適セッティングを求めるようになるはず。ダランとたるんだ状態ではそれも台無しです。

 ツーリング中、そんなバイクとの対話を楽しむのも手ですが、メンテナンスは必須なものの、クラッチをベストタイミングで使う! という部分を電子制御にアシストしてもらうことで、走る他の部分に神経を振り分けることが出来るのです。

ワインディングなど舗装路でも楽しめることは、アドベンチャーバイクにとって大切なポイント
ワインディングなど舗装路でも楽しめることは、アドベンチャーバイクにとって大切なポイント

 市街地での2000rpmから3000rpmの間でシフトアップを重ねても加速感はしっかりあり、さらにワインディングなどで4000、5000、6000rpmと回転を上げると充分な加速を引き出すことも簡単。

 長いストロークを持つサスペンションですが、コーナーへのアプーチでのブレーキングから旋回へのつながりも一体感があり楽しめます。アスファルトで楽しい、これはアドベンチャーバイクにとって大切なポイントです。

 細かくいえば、装着されたタイヤとブレーキのコンビも良く、しっかりと路面をグリップしてくれます。あえてフロントに片押し2ピストンキャリパーを選択した点に全く不満はありません。むしろこのパーツも軽量さに貢献しているはずで、全体のバランスを良く見た設定だと感じました

 また、舗装路でのコーナリングはフロント21インチ、リア18インチらしい穏やかさと、ワインディングでスポーティさを引き出し、素早い寝かし込みやS字カーブでの切り返しを行なってみても一体感のあるものに仕上がっています。舗装路での「トゥアレグ660」は、乗るほどに深みを感じられるものでした。

 また、「アーバン」、「エクスプローラー」と2タイプ用意されたデフォルトのライディングモードでは、ややマイルドなアーバン、パワフルな走りをイメージ通りに行なえるエクスプローラーの双方を試しましたが、どちらもその特性なりにライダーがアクセルを操作できるもので、直感的なライディングにもよく合うものでした。

排気量と車体とのパッケージングが絶妙。より大きな排気量のアドベンチャーバイクとは異なり、アクセルを安心して開けられ、余裕がある
排気量と車体とのパッケージングが絶妙。より大きな排気量のアドベンチャーバイクとは異なり、アクセルを安心して開けられ、余裕がある

 オフロードではどうでしょうか。タイトなダートコースで試乗をしました。濡れた赤土、サンド質の路面など変化が多い場面でも、標準装備のタイヤ、ピレリ「スコーピオンラリーSTR」は安心感あるグリップを提供してくれます。林道に多い砂利道でも、クルマが通る轍をトレースすれば同様でしょう。

 ライディングモードにある「オフロード」では、アクセルレスポンスはマイルドに、ABSやトラクションコントロールの介入はオフロードに適したものへと変化するので、ダートに踏み入れてライダーとバイクがリズムを合わせるのにも苦労がありませんでした。

 さらにライダーがパラメータを設定できる「インディビデュアル」に変更し、アクセルレスポンスをよりタイトにしてみると、筆者好みの走りを手に入れることができました。右手で軽くパワースライドを掛け、ニュートラルから弱アンダーのコーナリングマナーとして「トゥアレグ660」をより手の内に納めて楽しめたのです。

 エンジンも高回転まで想像通りのパワーカーブを描く解りやすいもの。だからアクセルも安心して開けて行けます。659ccというキャパシティーのエンジンのパッケージは、大型モデルがパワーを使い速度が乗るほど、車重から来る慣性への配慮が高まるのとは異なり、余裕があることが解りました。

 総じて、「遠出を楽しむ」+「走りも楽しむ」という点で、どんな道でも想像以上にファンライド可能なアプリリア「トゥアレグ660」は、良好なバランスを持ったアドベンチャーバイクと言えるのです。

※ ※ ※

 アプリリア新型「TUAREG 660(トゥアレグ660)」の価格(消費税10%込み)は154万円から、試乗車のプレミアムグラフィック(インディゴタルゲマスト)は156万2000円です。

【画像】アプリリア新型「TUAREG 660(トゥアレグ660)」の詳細を見る(26枚)

画像ギャラリー

Writer: 松井勉

モーターサイクル関係の取材、 執筆、プロモーション映像などを中心に活動を行なう。海外のオフロードレースへの参戦や、新型車の試乗による記事、取材リポートを多数経験。バイクの楽しさを 日々伝え続けている。

最新記事