Fuell「Fllow」 Buellの創始者による電動バイクの予約販売が再開

電動モビリティブランド「Fuell」は、最新の電動バイク「Fllow」の予約販売を再開しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

ビューエル渾身の電動バイク

電動モビリティブランド「Fuell」は、最新の電動バイク「Fllow」の予約販売を再開しました。

予約販売を開始した電動バイクFuell「Fllow」
予約販売を開始した電動バイクFuell「Fllow」

47馬力の専用リアハブモーターと10kWhのバッテリーパックを搭載し、わずか30分でゼロからフル充電することが可能なFllowは、かつてハーレーダビッドソン製エンジンを搭載し販売されていたスポーツバイク「Buell(ビューエル)」ブランドのモデルをデザインしたエリック・ビューエル氏が手掛けた電動バイクです。

 Fllowは2019年に予約販売を開始したモデルですが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響によりプロジェクトが延期。3年後となる2022年に改めて予約販売が行われました。

 Fuellの発表によると、Fllow は、150マイル(約241km)の航続距離、0-60加速3.5秒、最大巡航速度は時速85マイル(約137km/h)を発揮するとのことで、軽量なマグネシウム製モノコックフレームの採用などにより400ポンドを下回る車両重量を実現。

 前後ABSのほか、50リットルのストレージを備えることで利便性も高められています。

 アーバンコミューターとして最適なFllowの価格は1万1995ドルとなっています。

【画像】予約販売を開始した電動バイクFuell「Fllow」を画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事