ドゥカティ・レノボ・チーム2023年シーズン参戦体制発表 バニャイアがゼッケンナンバーを「1」に変更

ドゥカティ・レノボ・チームはマドンナ・ディ・カンピリオで開催された「カンピオーニ・イン・ピスタ」でMotoGP 2023年シーズンの参戦ライダーとマシンのカラーリングを発表しました。

2シーズン連続で三冠を目指すドゥカティ・ワークス

 ドゥカティ・レノボ・チームはマドンナ・ディ・カンピリオで開催された「カンピオーニ・イン・ピスタ」でMotoGP 2023年シーズンの参戦ライダーとマシンのカラーリングを発表しました。

ドゥカティ・レノボ・チームのライダーとして起用されたフランチェスコ・バニャイア選手(左)とエネア・バスティアニーニ選手(右)
ドゥカティ・レノボ・チームのライダーとして起用されたフランチェスコ・バニャイア選手(左)とエネア・バスティアニーニ選手(右)

 2022年シーズンにライダーズタイトル、コンストラクターズタイトル、チームタイトルを獲得したドゥカティ・レノボ・チームは、昨年のチャンピオンであるフランチェスコ・バニャイア選手に加え、Team Gresini Racing MotoGPで4勝を挙げたエネア・バスティアニーニ選手をジャック・ミラー選手の後任として起用。

 バニャイア選手はゼッケンナンバーを63から1に変更しています。

 今回の発表に際し、2人のライダーは次のようにコメントしています。

■フランチェスコ・バニャイア選手

フランチェスコ・バニャイア選手
フランチェスコ・バニャイア選手

「世界選手権で優勝した後、いろいろと忙しかったので、冬休みはいつもより短かったのですが、今は充電して、シーズン開幕に向け意気込んでいます。デスモセディチGPやチームにも会えなくなったので、早くコースに戻りたいです。

ゼッケン63を使い続けるか、ゼッケン1に変更するかで迷いましたが、結局、後者にしました。バイクで見ると美しいので、これからはそれを維持するためにあらゆる努力をすることが目標になります。

昨年以上に厳しい戦いが予想され、多くのライバルがタイトル争いに挑んでくるでしょうから、簡単ではありませんが、2023年に再び高みを目指すために、最高のマシンとチームがあることを認識しています。ドゥカティの皆さん、チームの皆さん、本当にありがとうございました。また、ドゥカティとチームのみんなに感謝します! 一緒に冒険を再開する準備ができています」。

■エネア・バスティアニーニ選手

エネア・バスティアニーニ選手
エネア・バスティアニーニ選手

「オフィシャル・チームのカラーを身にまとうことは大きな感動であり、この機会にふさわしいことを証明するのは、これからは私次第ですし、新しいシーズンが楽しみです。

 幸いなことに、赤いデスモセディチGPマシンに乗ってサーキットを走ることができるまで、それほど長くはかかりません。2週間後にはセパンで今年最初のテストが行われ、チームのみんなともっと仲良くなれるし、なによりもマシンを仕上げるのに重要な瞬間となります。

 今年は非常に競争心の強い一年になりそうで、簡単なこともあれば難しいこともあるでしょうが、僕はどんなことにも対応できます。クラウディオ、ジジ、パオロ、ダビデ、そしてドゥカティのみんな、本当にありがとうございます。いつも通り、100%の力を発揮します」。

※ ※ ※

 なお、ドゥカティ・レノボ・チームが使用するデスモセディチGPでは、ドゥカティの伝統的な赤のカラーリングを維持しつつ、カーボンのディテールと明るい色調の赤を追加した新しいカラーリングが採用されています。

【画像】ドゥカティ・レノボ・チームのライダーを画像で見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事