折り畳み式電動スリーター「PXiD-F2」 4月より販売開始予定の後ろ2輪の モデルを一般公開【大阪MCS2023】

2001年創業のカスタムショップ「モーターガレージグッズ」を運営する株式会社グッズは、後ろ2輪の電動スクーター「PXiD F2」を2023年3月17日から19日にかけてインテックス大阪で開催された「大阪モーターサイクルショー」で公開しました。

様々な用途に使える「PXiD F2」

 2001年創業のカスタムショップ「モーターガレージグッズ」を運営する株式会社グッズは、後ろ2輪の電動スクーター「PXiD F2」を2023年3月17日から19日にかけてインテックス大阪で開催された「大阪モーターサイクルショー」で公開しました。

折り畳み式電動スリーター「PXiD-F2」
折り畳み式電動スリーター「PXiD-F2」

 2022年に応援購入サイトで目標金額を上回る385万円以上の購入総額を集め、4月からは一般販売も開始予定のPXiD F2は、原付免許、ならびにAT小型限定免許以上の2輪免許で運転できる最新の電動スリーター(後ろ二輪の電動スクーター)です。

 中国淮安市に本社を置くHuaian PX Intelligent Manufacturing Co., Ltd.によって製造されているPXiD F2では、原付一種区分(定格出力600W/50cc相当)の「PXiD-F2-600」と、原付二種区分(定格出力1000W/125cc相当)の「PXiD-F2-1000」の2種類を用意。

 家庭用コンセントで約8時間充電することで最長 約45kmの航続距離を発揮します。

また、PXiD F2では三輪車独特の「曲がりにくい」を解消し、快適な乗り心地を実現するため、リーン機構付きモノサスペンションが採用。

折り畳み式電動スリーター「PXiD-F2」。折りたたむことでコンパクトに収納できます
折り畳み式電動スリーター「PXiD-F2」。折りたたむことでコンパクトに収納できます

 ハンドルを折りたたむことで1380×1345×588mmとコンパクトにできるため、車載することも可能なほか、サドルに座ってのライディング、立ち乗りでのライディングなど自由なスタイルで楽しむことができます。

折り畳み式電動スリーター「PXiD-F2」オプション装着車
折り畳み式電動スリーター「PXiD-F2」オプション装着車

 改善が必要とされる部品は3D CADで再設計しPXiD社へフィードバックするなど、これまでにグッズが蓄積してきた知識や技術を元に徹底的な改善と改良を加えつつ、日本の道路事情や法律に合わせた最適化を図ることで、使いやすく安心して乗れる日本国内仕様に仕上げられたPXiD F2の価格(消費税10%込)は28万3800円からで、日曜日や連休を除き、在庫のある純正部品やオプションパーツは15時までの注文で即日発送が可能となっています。

【画像】折り畳み式電動スリーター「PXiD-F2」を画像で見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事