夜の舞鶴若狭道「西紀SA」で見つけた、ちょっと贅沢な親子丼が美味かった バイクで行く高速道路グルメ

兵庫県三木市から福井県敦賀市までを結ぶ「舞鶴若狭自動車道」をツーリングで移動中「西紀(にしき)SA」(下り)に立ち寄ったところ、「地鶏 丹波黒どり」を使ったちょっと贅沢な親子丼を発見しました。

贅沢な親子丼に舌鼓を打つ! その名は「地鶏 丹波黒どり」

 舞鶴若狭道「西紀(にしき)SA」(下り)は、兵庫県丹波篠山市にある施設です。夕食時となったツーリング途中で休憩に立ち寄り、フードコートを覗いてみると950円の親子丼を発見しました。親子丼としては正直お高い価格設定かと思いましたが、「丹波黒どりの親子丼」とあります。銘柄の力とはすごいもので、この「丹波黒どり」のことを知らずともその味が信頼できそうだったのでオーダーしました。

舞鶴若狭道「西紀SA」の「丹波黒どりの親子丼」(950円)は、京都府・兵庫県で生産される「地鶏 丹波黒どり」をふんだんに使用した親子丼。味の良さもさることながら、鶏肉の量も多く「高級親子丼」らしい存在感を放つ
舞鶴若狭道「西紀SA」の「丹波黒どりの親子丼」(950円)は、京都府・兵庫県で生産される「地鶏 丹波黒どり」をふんだんに使用した親子丼。味の良さもさることながら、鶏肉の量も多く「高級親子丼」らしい存在感を放つ

「地鶏 丹波黒どり」とはフランスの地鶏の血統を起源に持ち、上質な脂肪分や深いコクが特徴とのこと。そんな情報をスマホで確認していると出来上がりのアナウンスがありました。

「丹波黒どりの親子丼」に対面すると、まず見た目の印象で肉が大きい! 実際に口の中へ運ぶと、しっかりとしたボリュームで弾力があり、なるほど鶏肉の旨味が十分に発揮されています。もちろん臭みも無く、これならいくらでも食べられそうです。

 親子丼と言いながら、玉子よりも鶏肉の存在感の方が遥かに優っている、そんな印象でした。味噌汁と漬物が付いて950円を高いと思うか適正価格と思うかは人それぞれですが、味は満足できるものでした。

2輪専用の駐車スペースは屋根付きでかなり広い
2輪専用の駐車スペースは屋根付きでかなり広い

 さて、食後は「一カ月に約2万個売れている」というキャッチが気になる「黒豆パン」(250円)を購入しました。施設内の工房で焼いている自家製パンで、表面に並ぶ大粒の黒豆が印象的です。食べてみた感想は少し想像と違い、よくある豆パンよりも甘さが控えめで、豆本来の味わいを楽しめるものでした。

 このパンは7時から19時まで提供されているようです。同じベーカリーの「黒い黒豆あんぱん」(260円)も気になるところです。なかなか訪れる機会の少ないSAですが、今度立ち寄った際はトライしてみようと思います。

【画像】舞鶴若狭道「西紀SA」の「丹波黒どりの親子丼」を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事