ヤマハ「XSR125」発売 シリーズ最小排気量モデルのターゲットは「20歳の大学生」

ヤマハは、新型モデル「XSR125」を2023年12月8日に発売します。

シリーズ最小排気量モデルがついに発売

 ヤマハは、新型モデル「XSR125」を2023年12月8日に発売します。

ヤマハの最新原付二種モデル「XSR125」
ヤマハの最新原付二種モデル「XSR125」

 ヤマハの「XSR」シリーズ最小排気量となるXSR125は、クラストップレベルの最高出力11kW/10000rpm、最大トルク12Nm/8000rpmを発揮する排気量124ccの単気筒エンジンを搭載する原付二種ネイキッドモデルです。

ヤマハ「XSR」シリーズ。左から「XSR900」、「XSR700」、「XSR125」
ヤマハ「XSR」シリーズ。左から「XSR900」、「XSR700」、「XSR125」

「最新パフォーマンスと不変的価値のコントラスト」「タイムレス・レーシング・スピリット」「上質さを際立たせる素材表現」「個性を反映できるカスタムの楽しさ」といったXSRらしさを受け継ぐXSR125では、“先進×レトロ”を調和する丸形LCDメーター、“面”構成にこだわり、高性能なレーシングマシンにも通じるニーグリップしやすい燃料タンク、オーセンティックな雰囲気を演出するとともにライディングポジションの自由度が高いタックロールシートを装備。

 シンプルで無駄のない灯火器類、素材を活かした処理と軽量加工を施した質感あるヘッドランプステーとモールサイドカバー、 ボディと連動したデザインのマフラープロテクター、特徴的トレッドパターンの前後タイヤなどにより、ポップでありながら洗練されたイメージに仕上げられています。

ヤマハの最新原付二種モデル「XSR125」
ヤマハの最新原付二種モデル「XSR125」

 810mmのシート高、137kgと軽量な車体によりビギナーにもフレンドリーなXSR125の価格(消費税10%込)は50万6000円、カラーはシルバー、ライトブルー、ブラック、オレンジの4色で販売計画台数は3000台(年間、国内)となっています。

【画像】ヤマハの最新原付二種モデル「XSR125」を画像で見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事