ヤマハ「MT-09 SP」プレミアムな装備を搭載した上級グレードを発表

ヤマハは、新型「MT-09」の上位グレード「MT-09 SP」を発表しました。

サーキットでの戦闘力を向上

 ヤマハは、新型「MT-09」の上位グレード「MT-09 SP」を発表しました。

ヤマハ「MT-09」2024年モデル
ヤマハ「MT-09」2024年モデル

 2013年に発表され、2014年より国内導入されたMT-09の最新モデルは、刺激的なマシンを手足のように操れるという意味合いの“The Rodeo Master”をコンセプトに開発された大型ネイキッドモデルです。

 3代目となる2021年モデルでは搭載される3気筒エンジンの排気量を845ccから889ccにアップし、さらなる進化を遂げたMT-09は、鋳造ホイールでありながら鍛造に匹敵する強度と靭性を持つ「ヤマハスピンフォージドホイール」などを採用することで車体を約4kg軽量化するなど、進化を遂げてきました。

 11月初旬に欧州で発表された最新モデルでは、MTの代名詞であるシャープでエッジの効いたデザインはそのままに、新デザインのフューエルタンクと、よりコンパクトで一体感のあるデザインを採用。

ヤマハ「MT-09」2024年モデル
ヤマハ「MT-09」2024年モデル

 より低く設定されたハンドルバーとともに、カスタマイズ可能な2つのポジション、新しい2分割式シート、燃料タンク上部にはエンジンの躍動感をライダーに伝達するアコースティックアンプグリルも採用されています。

 上位グレードとなる「SP」グレードでは、ヤマハのスーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1M」からインスパイアを受けたカラーリングを採用すると共に、スポーツ/ストリート/レインの3つの走行モードに加え、4つのトラックモードを搭載。

 SP専用のDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)コーティングされた41 mm KYBゴールドフロントフォーク、フルアジャスタブルのオーリンズ製リアサスペンション、ブレンボ製Stylemaキャリパーなど、豪華な装備が奢られています。

【画像】豪華装備のヤマハ「MT-09」2024年モデルを画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事