モチーフは大容量コンテナ!マツダが「フレアワゴン」と「フレアワゴン カスタムスタイル」を全面改良

マツダが2023年12月25日に、同社がランナップする軽自動車「フレアワゴン」と「フレアワゴン カスタムスタイル」の全面改良を発表し、販売を開始しました。

デザイン、快適性、安全性能など、様々な面で進化

 2023年12月25日にマツダから、同社の軽自動車「フレアワゴン」と「フレアワゴン カスタムスタイル」を全面改良した新型モデルが発売されました。

マツダ新型「フレアワゴン」XS(2WD車)/ミモザイエローパールメタリック2トーンカラー(ベージュルーフ)
マツダ新型「フレアワゴン」XS(2WD車)/ミモザイエローパールメタリック2トーンカラー(ベージュルーフ)

 今回の全面改良では、両モデルの特徴である、デザイン、広く快適な室内空間、安全機能など、フレアワゴン本来の魅力がさらに進化。外観デザインは、大容量のコンテナがモチーフとなっており、フレアワゴンでは「心地よさ」と「ワクワク感」を、フレアワゴン カスタムスタイルでは「上質感」と「存在感」がそれぞれ表現されました。インテリアも、それぞれのキャラクターに合わせた色調や素材使いで、上質感と居心地のよさが表現されています。

 快適性や使い勝手の面では、後席に「マルチユースフラップ」を設定。シート前端にあるフラップの位置や角度を調整することで、オットマンや荷物の落下予防といった機能が利用可能です。

 また、運転席と助手席へのシートヒーターの採用や、助手席前のビッグオープントレイ、後席用の折り畳み式シートバックテーブルや左右独立式センターアームレストの採用などにより、利便性も向上。快適で過ごしやすい室内空間が実現されています。

マツダ新型「フレアワゴン」XS(2WD車)の内装
マツダ新型「フレアワゴン」XS(2WD車)の内装

 走行性能では、効率が高められた自然吸気ガソリンエンジンとCVT、マイルドハイブリッドの搭載により、優れた燃費性能とスムーズな走りを両立。さらに新設計のボディ構造により、操縦安定性や静粛性も向上されています。

 安全性能では、マツダの軽自動車として初となる、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポートII」を全車標準装備。さらにアダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能・停止保持機能付)なども採用され、より安心・安全な運転をサポートしてくれます。

 なお、両モデルは全車で経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」、国土交通省による「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当。

 価格(消費税込)は、154万1100円から240万200円です。

【画像】マツダから発売された「フレアワゴン」と「フレアワゴン カスタムスタイル」の新型モデルを画像で見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事