美味しいアジフライを求めて走る旅 金沢八景沖の金鯵を堪能!! 『ウオゴコロ』は釣り鯵専門の小さな食堂だった

アジと言えばアジフライ! というライダーのために、美味しいアジフライを味わえる店を紹介します。店主が釣り上げた金鯵を提供する『ウオゴコロ』を訪れました。

住宅街の小さな食堂、店主が釣った金鯵メニューが魅力的

 美味しいアジフライを求めて、筆者(増井貴光)が愛車のホンダ「CT110」で向かったのは神奈川県横浜市金沢区です。ご主人が釣った鯵(釣り鯵)を料理する店があるということで、京急逗子線「六浦駅」近くの路地を走って行きます。

店のご主人が釣ってきた金鯵を堪能できる小さな食堂「ウオゴコロ」は、京急逗子線「六浦駅」近くの住宅街にある
店のご主人が釣ってきた金鯵を堪能できる小さな食堂「ウオゴコロ」は、京急逗子線「六浦駅」近くの住宅街にある

「こんな住宅街に店があるのだろうか?」などと思ったところで目的の店「ウオゴコロ」に到着しました。開店時間11時半を数分過ぎたところでしたが、カウンターのみ7席のうち、空いているのは2席でした。地元客に人気のようです。

 メニューを見ると、昼の定食は「釣り鯵でお造り定食(金鯵)」、「釣り鯵でお造り&タタキ定食(金鯵)」、そして「店内仕込み金鯵フライ定食」に加えて、黒板に書かれていた「小鯵漬け丼定食」の4種類です。単品で「釣り鯵でお造り(金鯵)」と「釣り鯵でナメロウ(金鯵)」があるようです。

「刺身、タタキを飯に乗せて、生卵を乗せて金鯵TKGで!!」という案内がメニューとは別の紙に書いてあり、どうにもそれが気になって「お造り定食」にしようかと一瞬悩みましたが、美味しいアジフライを求めるというミッションを思い出し「店内仕込み金鯵フライ定食」をお願いしました。

 L字のカウンターからはどの席に座ってもカウンター越しに調理場が見えます。ご主人が手際良く料理を作っている姿を見ながら出来上がりを待ちます。この時にいた客のほとんどがアジフライをオーダーしていることから、期待「大」です。待つこと10分ほどで「店内仕込み金鯵フライ定食」が出来上がってきました。

「ウオゴコロ」の「店内仕込み金鯵フライ定食」は、アジフライは半身のフィレが4枚で、200円で2枚追加できる。ご飯は大盛り無料
「ウオゴコロ」の「店内仕込み金鯵フライ定食」は、アジフライは半身のフィレが4枚で、200円で2枚追加できる。ご飯は大盛り無料

「ウオゴコロ」の「店内仕込み金鯵フライ定食」は、アジフライにタルタルソース、ご飯とみそ汁、漬物がトレイに並びます。ご飯は普通盛りでお願いしましたが、無料で大盛りにもできるそうです。

 ご主人が金沢八景沖で釣ってきたという金鯵を使ったアジフライは、半身のフィレが4枚、付け合わせはキャベツとレモン、大葉が一枚添えられています。

【画像】釣り鯵を使った『ウオゴコロ』のアジフライをもっと見る(15枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事