トヨタが大相撲の優勝力士パレードを務める新型「センチュリー」を公開!晴れ舞台を飾る世界に一台のパレードカー

トヨタが、2023年1月13日に両国国技館で、新たなパレードカーとなる新型「センチュリー」を公開。2025年の大相撲100周年を記念して製作された同車両は、日本相撲協会による優勝力士パレードのパレードカーを務めます。

晴れ舞台を飾る世界に一台のパレードカーが誕生

 2023年1月13日、トヨタが両国国技館で、新たなパレードカーとなる「センチュリー」の新型モデルをお披露目。2025年の大相撲100周年を記念して製作された同車両は、日本相撲協会により、優勝力士パレードのパレードカーを務める予定です。

トヨタが両国国技館で公開した新たなパレードカー、新型「センチュリー」と宮城野親方、芝田山親方、豊田章男会長
トヨタが両国国技館で公開した新たなパレードカー、新型「センチュリー」と宮城野親方、芝田山親方、豊田章男会長

 同初場所から新しくパレードカーを務める新型センチュリーを初めて目にした芝田山親方は、自身が優勝した時、杉並の部屋にパレードカーで帰還した、今でも忘れられないという思い出とともに、「優勝力士の存在感にふさわしいクルマ、もう一回廻しを締めたいくらいですよ」と感想を述べました。

 クラウンのパレードカーを用意していたという豊田章男会長は、大相撲ファン感謝祭で宮城野親方からの「トヨタの最高のクルマ、センチュリーがいい」という一言が、新型センチュリーでパレードカーを作るきっかけになったといいます。

 新たなパレードカーの製作構想から関わっていた宮城野親方は、「もう乗れないのが残念」と完成した新パレードカーと初対面した喜びを表現しながら、「相撲という伝統文化とトヨタの誇る日本を代表するショーファーカー、センチュリーとともに世界へ羽ばたきたい」と意気込みをのぞかせました。

新型「センチュリー」の後席に座る宮城野親方と芝田山親方
新型「センチュリー」の後席に座る宮城野親方と芝田山親方

 センチュリーは一人ひとりの希望に合った、世界に1台のクルマを提供する、日本を代表するショーファーカーです。

 同車両の制作にあたっては、ハッチバック車からいかにオープンカーにするか、デザイン面でのチャレンジもありながら、後方に力士が2名乗車することを考慮し、後輪部分が沈みこまないように調整を重ね、「相撲という国技に新たな物語を作っていく新しいセンチュリーとなっていきたい」と、豊田章男会長も語っています。

 また、最後に芝田山親方は「土俵上で最高の攻防をした15日間戦い抜いた力士に乗ってほしい」と語りました。

 なお、新たなパレードカーとなる新型センチュリーは、2024年1月28日の初場所千秋楽でデビューします。

【画像】2025年に100周年を迎える大相撲の優勝力士パレードに使用される新たなパレードカーを画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事