トヨタが「ミライ」の2024年モデルを公開!さらに快適で安全な燃料電池電気自動車へ進化

2024年1月25日、トヨタが米国で新型「ミライ」を発表。2024年型ミライは、革新的なエンジニアリング、洗練されたデザイン、そして高度なテクノロジーを搭載した豪華なインテリアにより、常にエキサイティングな乗り心地を提供します。

Toyota Safety Sense 3.0標準装備で安全性も向上

 2024年1月25日にトヨタが、米国で2代目となる「ミライ」の2024年モデルを公開。同NEWモデルは驚くほどの興奮とダイナミックな走行性能を有し、EPA(環境保護局)推定航続距離はXLEグレードで402マイルとなっています。

トヨタ「ミライ」の2024年モデル
トヨタ「ミライ」の2024年モデル

 外装色には、全グレードでエレメンタルシルバーを新たに設定。カーボンニュートラルな未来に向けて二酸化炭素排出量を削減するというトヨタのコミットメントを強調する、新しいビヨンド・ゼロのバッジも装着されています。

 さらに、ドライバーと乗員を守るために設計されたToyota Safety Sense 3.0も搭載されました。

 そんなミライの初代モデルからの最大の魅力は、燃料電池電気自動車(FCEV)であること。何百万人ものドライバーが毎日ガソリン車を使っているのと同じように、タンクに水素を充填するだけで燃料補給は終了。FCEVの場合、燃料は液体ガソリンではなく、無害な圧縮水素ガスとなります。

 FCEVは車内で水素から電気を発生させ、排出物は水だけ。燃料電池システムは、貯蔵された水素を空気中の酸素と結合させ、化学反応によって電流と水を生成し、クルマの下に隠されたベントパイプから排出される仕組みとなっています。

トヨタ「ミライ」2024年モデルの内装
トヨタ「ミライ」2024年モデルの内装

 搭載される燃料電池と回生ブレーキシステムで発電された電気は、リチウムイオンバッテリーに蓄えられ、アクセルペダルを踏むと、燃料電池やバッテリーからリアに搭載された交流同期電動モーターに電力が供給され、後輪が駆動。

 電動エアコンプレッサーが吸気を加圧し、水冷式インタークーラーが燃料電池スタックに入る前に圧縮空気の温度を下げ、エアコンプレッサーと一体化された水冷式オイル・クーラーは、効率を最大化するのに役立ちます。

 さらに吸気システムは騒音を軽減するように設計されており、乗員にはほとんど気づかれることはありません。

 燃料電池の吸気は浄化されなければならないため、静電式エアクリーナーエレメントが超微粒子(粒子状物質2.5)を捕捉し、チャコールフィルターが化学物質を除去します。

 なお、2024年型ミライは、購入またはリースの際に最大1万5000ドルの水素が無料で提供される予定。価格は5万190ドルから6万7155ドルとなっています。

【画像】米国で公開されたトヨタ「ミライ」の2024年モデルを画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事