ハスクバーナ「スヴァルトピレン401」全面進化した2024年モデル発表

スウェーデン発祥のバイクブランド「ハスクバーナ」は、ネイキッドモデル「SVARTPILEN(スヴァルトピレン)401」の2024年モデルを発表しました。

すべてを刷新した「スヴァルトピレン401」

 スウェーデン発祥のバイクブランド「ハスクバーナ」は、ネイキッドモデル「SVARTPILEN(スヴァルトピレン)401」の2024年モデルを発表しました。

ハスクバーナ「スヴァルトピレン401」2024年モデル
ハスクバーナ「スヴァルトピレン401」2024年モデル

 オーストリアの「KTM」傘下となったことで、KTMのデュークシリーズをベースに開発されたSVARTPILENシリーズは、KTM同様にキスカ(KISKA)によるデザインが採用されたネイキッドモデルです。

ハスクバーナ「スヴァルトピレン401」2024年モデル
ハスクバーナ「スヴァルトピレン401」2024年モデル

 スウェーデン語で「白い矢」を意味する「VITPILEN」シリーズ(SVARTPILEN=黒い矢)の兄弟車となるスヴァルトピレン401では、最高出力33kW/8500rpm、最大トルク39Nm/7000rpmを発揮する新開発の398.6cc単気筒エンジンを搭載。

 従来モデルを踏襲しながら形状を一新した外装類やショート化されたエキゾーストシステム、ブロックタイヤの採用により、無骨でありながらスタイリッシュなイメージに仕上げられています。

 そのほか、最新のスヴァルトピレン401では、調整可能なWP製APEXオープンカートリッジフォークや5インチのカラーディスプレイ、スマートフォンとの連携機能なども搭載されています。

【画像】ハスクバーナ「スヴァルトピレン401」2024年モデルを画像で見る(29枚)

画像ギャラリー

最新記事