初参戦初優勝のヤマハ「TY-E」 開発者はメカニカルクラッチとフライホイールで勝利を確信していた!

TY-Eの技術は、他の分野へ応用されるのか?

 青木:エンジン車ではクリアできないセクションも、EVだけがクリアという時代が間もなく来るのかもしれませんね。

 豊田さん:充分あり得ます。

フランス大会で初挑戦初勝利の「TY-E」と黒山選手

 青木:その前にまず、世界選手権に初挑戦してのタイトルですが、勝算は?

 豊田さん:もちろん勝負できる状態にあると思っていますので、楽しみにしていてください。

 青木:「TY-E」の技術が、今後ヤマハのつくるさまざまなモビリティに活かされるってことになりそうですね。

 豊田さん:そうですね。今回、メカクラッチやフライホイールといった機械モノと、電動モーターという制御系が複雑に絡むマシンになりましたが、できることはとても多く、他の乗り物に応用できると手応えを感じています。

 青木:オンロードやダートといったことを問わず、トラクションが必要な2輪EVにとっては大きな進歩だと思いますが、可能性は拡がるばかりで、二輪駆動もあり得ますし、三輪も面白そうです。

 豊田さん:「TY-E」に関しては、まずはトライアルという競技の枠にはめ込んでみようという挑戦でした。たとえば、出力がないけれど、もっと軽くしたらまた違う面白い世界があるかもしれないですからね。

 青木:マリン、スノーモビル、カート、四輪バギー…、夢が膨らみますね。次の段階もまた着手しているのですか。

 豊田さん:はい。イメージはいろいろとありますので、楽しみにしていてください!

【了】

提供:くるまのニュース

初参戦初優勝したTY-Eの詳細を写真でチェック(15枚)

画像ギャラリー

Writer: 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク技術関連著書もある。

1 2 3

最新記事