クルマはEVブーム真っ最中! なぜEVバイクは普及しない?

ホンダ電動バイク『PCX ELECTRIC』は普及なるか

 同じく交換可能なバッテリーユニットを複数搭載できるモデルとして、ホンダが2018年秋ごろの発売を予定している『PCX ELECTRIC』は、125㏄クラスの大人気モデル『PCX』がベースで、ビジュアル的には人気が出る事が予想されています。

ホンダとパナソニックが共同開発した『モバイルパワーパック』

 搭載バッテリーは、ホンダがパナソニックと共同で独自に開発したHonda Mobile Power Pack(ホンダ モバイルパワーパック)。

 この新しいバッテリーユニットのメーカー間共有について、本田技研工業に聞いてみたところ「他社とのバッテリーユニットの共有については、現在のところお答えできる事はありませんが、インドネシアで着脱式可搬バッテリー(Honda Mobile Power Pack)と電動2輪車を用いたバッテリーシェアリングの実証研究を2018年12月に開始する予定です。

 本実証研究では、モバイルパワーパックを供給する充電ステーションを数十箇所設置し、複数個のモバイルパワーパックを同時に充電しておくことで、充電済みのものを随時提供。移動中にバッテリー残量が少なくなったユーザーは、最寄りの充電ステーションで充電済みのモバイルパワーパックに交換し、走行を続けることができるようになります」といいます。

 また、実証研究を実施する国をインドネシアに決定した理由については、「インドネシアの二輪市場は世界第3位の規模で、交通量の増加に伴う大気汚染の問題を抱えており、インドネシア政府はその解決に向けて、電動モビリティーを普及させる方針を打ち出しています。
 
 電動モビリティーは環境に優しい反面、航続距離や充電時間の課題がありますが、モバイルパワーパックとそれを搭載するモビリティーは、この課題を解決し、電動モビリティーの普及を後押しできると確信しています」と述べています。

 どちらもまずは、日本国外でのテスト導入となりますが、各地に配置された充電ステーションで充電済みのバッテリーパックを入手できる時代が、もうそこまで来ているのかもしれません。

 現在発表されている各メーカーからのEVバイク実用に向けての提案は、メーカーごとの独自のプランで、EVが現在のガソリン車と同等の長距離移動に対する安心感を得るには、まだまだ高い障壁がありそうです。

【了】

提供:くるまのニュース

EVバイクの詳細を画像で見る(11枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事