「ハンターカブ」遂に復活か!? 東京モーターショー2019でホンダがコンセプトモデル「CT125」を初公開

ホンダが東京モーターショー2019で発表する「CT125」
ホンダが東京モーターショー2019で発表する「CT125」
ホンダが東京モーターショー2019で発表する「CT125」
ホンダが東京モーターショー2019で発表する「CT125」
ヘッドライトはLED式を採用。CT110同様、スクエアな形とされたウインカーには4灯りのLEDが備えられています
スーパーカブC125と同じユニットとおぼしきエンジン。後付のアンダーフレームも備えられています
リアには大型キャリアを装着。後部には「TRAIL HUNTER」の立体文字が確認できます
ホンダ「CT110」と同じくアップタイプとされたエキゾースト。C125ではタンデムステップが取り付けられているスイングアームのホールは埋められています
ホンダ「CT110」と同様、高い位置に備えられた排気ダクトとサイドエアクリーナ。エアクリーナーの先端はリアキャリアに繋がります
ベースモデルと考えられるホンダ「スーパーカブC125」
ホンダ「CT110」と同じ時代に登場したトレッキングバイク「シルクロード」
ホンダ「CT110」と同じ時代に登場したトレッキングバイク「イーハトーブ TL125S」
ホンダが東京モーターショー2019で発表する「CT125」
1981年に発売された「CT110」。未だ根強いファンを持つモデルです

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事