同じ「原付」でも原付免許で原付2種のバイクは乗れない? 2つの法律にある別々の区分とは?

「競技用車両」は免許不要で乗れるが一般公道は走行不可(ヤマハ・YZ125X)
排気量が50cc以上でも125cc以下のバイクは「原動機付き自転車」に区分される(スズキ・アドレス125)
排気量が125ccを超えるバイクは「2輪の軽自動車」という区分になる(ヤマハ・NMAX155)
「大自二」(大型二輪免許)の運転資格を取得していれば、排気量の上限なくさまざまなバイクの運転が可能(条件なしの場合)
125cc以下のバイクに乗る場合は「原付走行不可・進入禁止」の標識に要注意
幹線道路のアンダーパスやオーバーパスなど、原付は走行不可とされる場所もある

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事