2スト人気再燃!? 全日本選手権と併催されるオフロードレースとは?

現在、唯一国内で新車として販売されている2スト125ccが「YZ125」(写真)とクロスカントリーモデル「YZ125X」のため、多くのライダーが「YZ125」でエントリー。それぞれカスタムやチューニングを施していた
ヤマハだけでなく、ホンダやカワサキの根強いファンも多く、倉庫に眠っていたホンダ「CR125R」をレストアして参加したライダーも多数
エンジンはピーキーで扱いが難しく、さらに4ストモデルに比べて非力なため上手くクラッチワークを使わないと気持ち良いコーナリングが決まらないという難しさが辞めれない魅力となっている
1990年代ルックを再現したヤマハ「YZ125」オーナーは根っからのデイモン・ブラッドショー(1990年代に活躍したアメリカのモトクロスレーサー)ファンで当時のグラフィックを完全再現
2019年に初開催された全日本モトクロス・エキジビジョン2スト125ccクラスでは80台ものエントリーがあり、決勝は3クラスに分けられるほどの盛況を見せ、迫力の一斉スタートにはギャラリーも興奮していた様子
2ストエンジンオイルとの混合ガソリンは独特の甘い香りと白煙が特徴。2ストマシンのエキゾースト音と共にテンションが上がる要素となっている

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事