世界レベルのカスタムバイクをショッピングモールに展示 『Heiwa Motorcycle CUSTOM WORLD』パセーラ広島で開催

2016年にYOKOHAMA HCSでベスト・オブ・ショーを獲得したトライアンフ、『Masterpeace』も会場では展示。極上の仕上がりをみせる一台です
2017年にHCSベストとなったトライアンフ・カスタム、『Dirty Pigeon』もパセーラでは展示。米国やオーストラリアのショーにもゲストとして招かれた世界レベルの一台です
ショーでアワードを狙ったマシンばかりでなく、いい意味で日常のアシと使えるレベルのカスタムも会場では展示。このヤマハSRも平和らしい気品が漂います
海外からもTシャツやキャップなどを買い求めるお客さんが訪れることも多い平和モーターサイクルですが、このパセーラでもオリジナルのグッズを販売。人気の高さが伺える品のあるデザインです
海外からもTシャツやキャップなどを買い求めるお客さんが訪れることも多い平和モーターサイクルですが、このパセーラでもオリジナルのグッズを販売。人気の高さが伺える品のあるデザインです
海外からもTシャツやキャップなどを買い求めるお客さんが訪れることも多い平和モーターサイクルですが、このパセーラでもオリジナルのグッズを販売。人気の高さが伺える品のあるデザインです
英車を中心に車種を問わずにカスタムを手掛ける平和モーターサイクルですが、会場では過去に製作したハーレーカスタムも展示。こちらもハイクオリティな仕上がりです
会場では平和モーターサイクル内で活動する『LOU peace design』のピンストライパー、LOUさんがお一人様が持ち込んだヘルメットや小物など1点1000円でピンストライプをドロウイング(描くということです)。普段の価格、~5000円と比較するとかなりお得なサービスとなっています
パセーラ広島の外観から『Heiwa Motorcycle CUSTOM WORLD』を眺めるとご覧のとおり。会場はあたかもギャラリーのような雰囲気です
写真のホンダCB77カスタムはHCS2011でベスト・ドメスティックを獲得した一台。ちなみにこの車両は展示品ではなく、木村氏がパセーラに向かった際のヒトコマとのことです
まるでギャラリーのような洒落た空間の中で極上のカスタムが展示される『Heiwa Motorcycle CUSTOM WORLD』は広島県広島市中区の『パセーラ広島』で2020年6月28日まで開催。お近くの方は是非、アシを運んでみてはいかがでしょうか?
こちらのBMW RnineTベースの一台はメーカーからの依頼で製作したプロモーション・カスタム。このマシンもマレーシアのショー、『ART OF SPEED』に招待済です

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事