ヤマハがハイパーEV向け電動モーターユニットの試作開発受託を開始 350kW≒470馬力クラスの新型モデルを開発

ヤマハが開発した最新の電動モーター。最大出力は350kWクラス(動作電圧800V/約470馬力)、複数ユニット搭載を想定し設計されています
ヤマハが開発した最新の電動モーター。最大出力は350kWクラス(動作電圧800V/約470馬力)、複数ユニット搭載を想定し設計されています
ヤマハが2020年に試作開発した電動モーターユニット
ヤマハが2020年に試作開発した電動モーターユニットを搭載し、公式YouTUBEチャンネルで公開されたテスト車両
ヤマハが2020年に試作開発した電動モーターユニットを搭載し、公式YouTUBEチャンネルで公開されたテスト車両
ヤマハが2020年に試作開発した電動モーターユニットを搭載し、公式YouTUBEチャンネルで公開されたテスト車両
ヤマハが開発した最新電動モーターの搭載イメージ。ハイパーEVなど高出力帯モビリティへの搭載を想定し、最大出力は350kWクラス(動作電圧800V/約470馬力)、複数ユニット搭載を想定し設計されています
ヤマハが開発した最新の電動モーター。最大出力は350kWクラス(動作電圧800V/約470馬力)、複数ユニット搭載を想定し設計されています

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事