【MotoGP第7戦カタルーニャGP】世界戦に挑む中上選手 ペナルティを科された苦しいレースながらも13位完走を果たす

一時はトップ争いを演じたファビオ・クアルタラロ選手(ヤマハ)。レース中にレーシングスーツのファスナーが開くアクシデントが発生する
今季、初優勝を飾ったKTMのオリベイラ選手
ホンダのマシンを駆り、MotoGPクラスに参戦する唯一の日本人ライダー、中上貴晶選手(#30 LCR Honda IDEMITSU)
中上選手のカタルーニャGPは厳しい週末となった
ホンダのファクトリーライダーであり、最高峰クラスで6度のチャンピオンを獲得しているマルク・マルケス選手(#93)。転倒リタイアだった
カタルーニャGPで優勝したミゲール・オリベイラ選手(KTM/中央)、2位のヨハン・ザルコ選手(ドゥカティ/左)、3位のジャック・ミラー選手(ドゥカティ/右)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事