the「燃費」特別編 ヤマハ「SR400ファイナルエディション」を昔ながらの満タン法で実走計測!

実際の燃費はどうなのか? ヤマハ「SR400 Final Edition」(2021年型)を走らせる筆者(松井勉)
燃料供給のF.I.化に伴い、車体左のサイドカバーを取り外すと燃料ポンプ用のタンクが収められている。キャブ時代の車体にはここにバッテリーなどが収まっていた
満タン法で「SR400」の燃費を計測。福島県猪苗代湖周辺にて
満タン法で「SR400」の燃費を計測。福島県猪苗代湖周辺にて
満タン法で「SR400」の燃費を計測。福島県猪苗代湖周辺にて
実際の燃費はどうなのか? ヤマハ「SR400 Final Edition」(2021年型)を走らせる筆者(松井勉)
スリムな形状の燃料タンクは容量12リットル
オーソドックスな丸型2眼メーターはアナログ式。平均燃費計は搭載していない
トリップメーターが303kmを回っても警告灯は点灯せず
満タン法で「SR400」の燃費を計測。福島県猪苗代湖周辺にて
2021年で生産終了を告げたヤマハ「SR400 Final Edition」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事