実車さながらのツヤ感がスゴイ! フジミ模型からホンダ「CT125・ハンターカブ」のプラモデル新登場 製品化のこだわりを聞いた!

エンジン左右にある「HONDA」の彫刻は繊細な金型彫刻で再現 ※画像は開発中のもの
車体左側のアップマフラーは艶消しブラックとボディ色の2色で再現。艶消しブラックのシートは生地縫い目に合わせて3ピース構造 ※画像は開発中のもの
サイドスタンドおよびセンタースタンドは可動式。タンデムステップは格納状態と展開状態が選択可能、パーツを差し替えることで変更も可能 ※画像は開発中のもの
ハンドル左右のスイッチ類まで立体化(マーキングは付属シールで再現)、フロントブレーキマスターシリンダーなど細部まで再現。メーター表示部は透明パーツ、ハンドル中央部のウィングマークはシールで表現 ※画像は開発中のもの
エンジン下部のアンダーガードの形状も精密に再現。ブラック成型色のホイールとスポークは作りやすさを優先した一体成型 ※画像は開発中のもの
パーツはそれぞれ成形色で着色済 ※画像は開発中のもの
フジミ模型「ホンダCT125(ハンターカブ/グローイングレッド)」 ※画像は開発中のもの
フジミ模型「ホンダCT125(ハンターカブ/グローイングレッド)」 ※画像は開発中のもの
開閉可能なシート。内側の給油口周辺まで立体化しタンクキャップは別パーツとして色調差も表現。大型リアキャリアはスライド金型を採用した1ピースパーツ ※画像は開発中のもの
エンジン右側のオイルゲージや覗き穴も省略せず金型で表現 ※画像は開発中のもの
外装には塗装では難しいレベルのツヤ感を再現 ※画像は開発中のもの

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事