ナロースタイルで人気のホンダ「レブル」 新色を追加し発売

ホンダのクルーザーモデル「レブル」は、250・500ともにフレーム色をマットブラックに変更することで、タフでクールなイメージを強調したモデルに生まれ変わりました。

車体色を増やし、新たなユーザー獲得なるか!

 ホンダは、軽量コンパクトで取り回しやすい車体と扱いやすいエンジン特性の「レブル250」「レブル500」のカラーリングを変更し、レブル250は2019年1月25日(金)、レブル500は同年2月15日(金)に発売します。

レブル500「グラファイトブラック」

 レブル250は、「パールカデットグレー」「マットフレスコブラウン」の2色を新たに設定し、従来色の「グラファイトブラック」「マットアーマードシルバーメタリック」と合わせ、全4色のカラーバリエーションとしました。

 レブル500は、「グラファイトブラック」を新たに設定し、従来色の「マットアーマードシルバーメタリック」と合わせた全2色のカラーバリエーションとしています。

 さらに、レブル250、レブル500ともにフレーム色をマットブラックに変更することで、タフでクールなイメージを従来型より強調されたカラーリングに仕立てられています。

 レブル250、レブル500は、2017年4月に発売され、低回転域からトルクフルで扱いやすく、高回転域へと気持ちよく伸びていくフィーリングのエンジン出力特性や、690mmの低シート高と軽量で取り回しやすい車体のサイズなどにより、注目されているモデルです。

 デザインコンセプトを「SIMPLE」「RAW(未加工の素材)」とし、タフでクールなイメージを表現、自由な発想でのカスタマイズを想起させるスタイリングを表現しています。

 レブルは、特徴付ける印象的な形状のフューエルタンクやライダーの股下でくびれを持たせたナロースタイル形状のフレームボディーを実現しました。

レブル250「マットアーマードシルバーメタリック」

 国内販売計画台数は、「レブル250」3200台、「レブル500」500台です。

 価格(消費税込み)は、「レブル250」53万7840円、「レブル250ABS」58万8600円、「レブル500」78万5160円。

【了】

提供:くるまのニュース

「レブル250 / レブル500」の新色を写真で見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事