ホンダが「CB750FOUR」「NSR250R」に続き「CB750F」の純正部品も再販

ホンダは、一部旧型車の部品を再生産し、販売することを決定しました。再販の目的は、二輪車市場の活性化!

末長く旧型車を乗り続けて欲しいというホンダの想い

 旧いバイクに乗り続けるためには、パーツの入手が絶対条件です。部品がなくなってしまえば、走行することができなくなることもあり、思い入れのある愛車も手放すしかありません。そんな残念なことにならないよう、ホンダは旧型機種の部品を再販することを決めました。「CB750FOUR」「NSR250R」「CB750F」のオーナーに朗報です。

ホンダは、「CB750F」用一部純正パーツ再販を明らかにした

「お客様に対して恩返ししたい」と言葉に力を込めたのは、本田技研工業株式会社 日本本部 部品課 国内業務課の麻生真二 課長。ホンダは2月25日(月)、東京青山の本社で報道向け発表会を開き、絶版モデル用純正パーツの一部を再販することを明らかにしました。

 2017年7月に「CB750FOUR」や「NSR250R」の一部純正部品の再生産を始めたホンダですが、好評につき継続販売を決定。さらに今回新たに「CB750F」用23点も加わります。

 現状、「CB750F」の純正部品は59%が絶版、「CB750FOUR」は66%、「NSR250R」では82%が販売を終了しています。

「CB750F」再販パーツは以下の23点で、「走るために必要」「商品性が高い」「市販品で代替がない」「問い合わせが多い」を選定基準に検討した結果、再生産が可能なパーツが選ばれました。

■コネクティングロッドボルト[全年式]
■プライマリーチェーン[全年式]
■カムチェーンA[全年式]
■カムチェーンB[全年式]
■バルブアウタースプリング[全年式]
■バルブインナースプリング[全年式]
■ジェットニードルセット[FZ&FA][FB&FC]
■ニードルジェットホルダー[全年式]
■スロットルケーブルCOMP.A[FB&FC]
■スロットルケーブルCOMP.B[FB&FC]
■チョークケーブルCOMP[FZ&FA][FB&FC]
■クラッチプレートCOMP.B[全年式]
■メーターロアーカバー[全年式]
■スピードメーターケーブルASSY.[FC]
■ケーブルアジャスティングボルト[全年式]
■ヘッドライトケース[全年式 ※インテグラ不可]
■サイドカバーマークTYPE1[FC]
■サイドカバーマークTYPE2[FC]
■12MMアクスルナット[全年式]
■フィキシングナット[全年式]

CB750F用エンジンパーツも多数再販される

「旧型車も永く乗っていただきたい」というのは、本田技研工業株式会社 日本本部 部品課 国内業務課の大久保尚紀 主任。生産設備・金型の老朽化、生産ロットの減少などにより、すべての部品を永続的に販売することはできないのが現状ですが、「車両維持が困難」「社外品パーツが高価で品質にも不安がある」という声を受け、ホンダは補修部品を再販売することに決めました。

 大久保主任は「お客様へ二輪車に乗る喜びを提供し、二輪市場を活性化させたい」ことが目的だと言います。つまり、事業という部分は度外視。旧いモデルに乗るユーザーも、バックアップし続けようしようというホンダの姿勢が伝わってきます。

【了】

提供:くるまのニュース

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

Writer: 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク技術関連著書もある。

最新記事