BMW Motorrad初の「Mパッケージ」登場 他のモデルへの採用は!?

BMW Motorradは、四輪のBMWでお馴染みの「Mパッケージ」を2輪車に初採用しました。なぜ、バイクにも「Mパッケージ」が登場したのか、マーケティング担当に伺ってみました。

「Mパッケージ」を初採用した新型「S1000RR」

 BMW Motorradは、2019年3月15日から開催された大阪モーターサイクルショー2019で話題を集めた新型「S1000RR Mパッケージ」仕様を、3月22日より開催される東京モーターサイクルショー2019で披露しました。

大阪モーターサイクルショーで日本初披露された「S1000RR Mパッケージ」

 新型「S1000RR」をベースに「BMW M社」が提供する「Mパッケージ」をBMW Motorradとして初採用した同モデルは、2018年11月にイタリアで開催された「EICMA2018」で初めて披露されたものです。

 最高出力207PSの新開発エンジンを搭載するとともに、フレームやマフラーなどを軽量化した「S1000RR」は、スタンダードモデルの時点で高い走行性能を発揮しますが、四輪車同様によりスポーティな装いとされた「Mパッケージ」仕様では専用のボディ・カラーであるモーター・スポーツ・カラーを採用。

 Mカーボン・ホイールや、より細かい走行モード設定が可能なライディング・モードPro、軽量バッテリー、サスペンションキット (リア車高調性およびスイング・アーム調整機構)、シートなど、随所に専用の装備を備えることでスタンダードモデルから-3.5kgとなる193.5kgを達成しています。

ハイパフォーマンス仕様である「HP」に変わり採用された「Mパッケージ」

 今回、BMW Motorradとして初めて「Mパッケージ」を採用した理由について、マーケティング部の大西洋介氏は以下のように言います。

「これまでBMW Motorradではハイパフォーマンスモデル“HP”仕様を独自に設定していましたが、より広くマーケティングしていく上でBMWの四輪で浸透している“M”ブランドの強みを生かさない手はないだろうという話になり、採用することとなりました。

 そこで、ちょうどモデルチェンジを迎えることになったS1000RRで初めて採用することとなりましたが、“M”の持つスポーティなイメージはS1000RRにもシックリきていると思います。

 また、その他のモデルの“Mパッケージ”についてはまだはっきりと決まっていませんが、登場に期待したというのが本音ですね」。

※ ※ ※

 スタンダード仕様やレースパッケージ、Mパッケージなど計4種類のグレードが用意された新型「BMW S1000RR」は価格(消費税込)227万7000円からで、7月上旬より発売を開始します。

【了】

BMW Motorrad「S1000RR」の画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事