MotoGP第4戦 今季2勝目でマルケス選手が再びランキング総合首位へ浮上!

ホンダのM・マルケス選手は、MotoGP第4戦スペインGPにおいて今シーズン2勝目を達成しました。前戦のノーポイントを早くもリカバーし、総合ランキングトップへ浮上!

危なげない走りで今季2勝目達成!

 第4戦スペインGPは、ヘレス・サーキットで行われ、予選3番手から好スタートを切ったRepsol Honda Team M・マルケス選手が、今季2勝目を達成しました。スペインGPでは昨年に続き2連勝し、Moto2時代の12年を含めて、ヘレスでは8年連続で表彰台に立っています。

ヨーロッパラウンドに入り本領発揮のマルケス選手

 M・マルケスは、予選3番手からホールショットを奪うと、1分38秒台前半のタイムを刻み、じりじりと後続を引き離します。レース中盤までは、今大会、マルケスの史上最年少ポールポジション記録を更新したPetronas Yamaha SRT F・クアルタラロ選手が2番手、後半はTeam SUZUKI ECSTAR A・リンス選手が2番手に浮上しましたが、M・マルケス選手は2位以下に3秒から4秒のリードをキープし、ライバルを寄せ付けない速さでレースを制しました。

 一方、A・リンス選手は、1周目にトップ6まで順位を上げ、ドゥカティ2台の間に挟まる形で、3周目にはファステストラップタイムをマークし、Mission Winnow Ducati A・ドビツィオーゾ選手との数周のバトルを制した後、さらにペースを上げて前を行く3台のヤマハを追撃します。M・ビニャーレス選手、F・モルビデリ選手をオーバーテイクして2つポジションを上げたところで2番手を走行していたF・クアルタラロ選手がマシントラブルでリタイヤ。一気に2番手まで順位を上げ、そのままチェッカーを受けました。

マルケス選手が持つMotoGP最年少ポールポジション記録を塗り替えたF・クアルタラロ選手

 3位のM・ビニャーレス選手は、トップ2台にアドバンテージを広げられた後もペースを緩めることなく走行を続け、終盤ではA・ドビツィオーゾとの激しい追撃を振り切り表彰台を獲得しました。

MotoGP第9戦スペインGPの写真を見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事