ヤマハ「NMAX ABS」をカラーチェンジして発売 販売堅調なグローバルモデルの新型車が登場

ヤマハが展開する“MAXシリーズ”の一つである「NMAX ABS」は、斬新なスタイルとスポーティな走りコンパクトな車体に収めたシティコミューターです。

ヤマハのグローバルモデルに新色が登場

 ヤマハは、水冷4ストローク・124ccのBLUE CORE(ブルーコア)エンジンを搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、2019年6月28日より発売します。

カラーリングチェンジして発売されるヤマハ「NMAX ABS」(写真はホワイトメタリック6)

「NMAX ABS」は、日本をはじめ世界各国で支持されている「TMAX」「XMAX」などの“MAXシリーズ”のDNAを受け継ぐモデルで、斬新なスタイルとスポーティな走りといった同シリーズの特長をコンパクトなボディに凝縮。通勤や街乗りなど、快適な移動を追求したコミューターです。

 新色として追加された「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」は、MAXシリーズを象徴するブーメラン形状のサイドカバーやホイールなどをブラックに変更し、アクティブなシティコミューターを表現しています。
 
 また、高級感と遊び心を演出する「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5」は継続して販売されます。

 ヤマハの広報部によると、従来型の「NMAX」は国内で3500台が販売されたといいますが、新型車ではAT小型限定普通二輪免許の取得容易化の追い風などを踏まえ、販売計画台数を4000台に設定しています。

 よりスタイリッシュな装いとなった新型「NMAX ABS」の価格(消費税込)は35万1000円で、製造はヤマハのグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(ヤマハ・インドネシア)が行います。

【了】

ヤマハ「NMAX ABS」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事