• バイクのニュース
  • ニュース
  • 最古参イタリアンブランド「モトグッツィ」の特別仕様車 「V7III ラフ」の“アーバンカントリースタイル”とは?

最古参イタリアンブランド「モトグッツィ」の特別仕様車 「V7III ラフ」の“アーバンカントリースタイル”とは?

クラシカルなスタイルが特徴のモデルを多くラインナップする「モトグッツィ」は、現存するイタリア最古参のモーターサイクルメーカーです。

「V7III」だからできるメーカーカスタム、特別仕様車が順次リリース

 モトグッツィの人気モデル「V7III(ブイ・セブン・スリー)」シリーズに、特別仕様車 「V7III ラフ」が登場し、5月下旬から順次リリースされています。

モトグッツィ「V7III Rough(ラフ)」グラファイトグレー

「アーバンカントリースタイルを具現化した」という「V7III ラフ」は、同シリーズの「V7III ストーン」 をベースとしたカスタムモデルです。カントリースタイルの外観に都会的な要素を表現した、個性的なルックスが特徴です。

 エンジンやフレーム、エキゾーストパイプなどがブラックアウトされたマットな車体には、前後にクラシカルでシンプルなアルミ製フェンダー、ブラックリムとワイヤースポークホイールの組み合わせに装着されたブロックパターンのタイヤ、専用ステッチが施されたシートやモデルネーム入りアルミ製サイドカバーなどを専用装備とし、その世界観を強調しています。

「V7III」シリーズは、排気量744cc、空冷V型2気筒OHVエンジンを搭載しています。価格(税込)は115万5600円で、カラーはグラファイトグレーとミメティコグリーンの2種類です。

【了】

「V7III Rough(ラフ)」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事