強すぎるホンダのトニー・ボウ選手 今シーズン開幕以来無敗の5連勝達成!!

2019トライアル世界選手権第4戦ベルギー大会は、絶対王者ホンダのトニー・ボウ選手が開幕5連勝を達成しました。優勝を逃したのは2018年の日本大会です。

開幕以来全5連勝でランキングトップをがっちりキープ

 2019トライアル世界選手権第4戦ベルギー大会は、Repsol Honda Teamのトニー・ボウ選手が、開幕から5連勝で全勝優勝を続けています。今回ベルギーGPのセクションは、難しいコース設定の連続です。さらに、今欧州を直撃している厳しい暑さは、今回戦うべき最も大きな障害となりました。

セッションをクリアするRepsol Honda Teamのトニー・ボウ選手

 試合全般を通じてT・ボウ選手は、厳しい上り坂、滑る岩盤の厳しい地形に苦しんでいました。結果的に、最後の最後、2ラップ目の最終セクションに到着するまで、T・ボウ選手と今回のライバル、ガスガスのJ・ファハルド選手との間には、ほとんど差がありませんでした。

 ベルギー大会途中、何度かファハルドが試合をリードする展開となりましたが、T・ボウ選手は最終セクションで見事なクリーンを達成し、勝利しています。T・ボウ選手は、総合ランキングでも2位のTRRS A・ラガ選手に19点の大差をつけてシーズン中盤戦を迎えます。

 ・Repsol Honda Teamトニー・ボウ選手のコメント

Repsol Honda Teamトニー・ボウ選手

「今日は本当に厳しい戦いでした。失敗して5点になるのはとても簡単で、一つの失敗から回復するのはとても困難でした。今回はファハルドがたいへんすばらしいライディングを見せていて、1ラップ目は彼に先行を許していました。ファハルドを追う立場で試合を進めるのはたいへん苦しい戦いでしたが、そのプレッシャーに耐え、たくさんの観客が見守る最終セクションをクリーンして、勝利を引きつけることができました。とてもすばらしい結末でした。チャンピオンシップの戦いという点でも、この勝利はたいへん大きなものになりました。次のステップに進むのが楽しみです」

【了】

トライアル選手権第4戦の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事