アグレッシブな姿と図太いトルク 個性が光るトライアンフ新型「ロケット3」国内への導入が決定!

トライアンフが2004年に発売した「ROCKET 3(ロケット・スリー)」は、縦置きの直列
3気筒エンジンを搭載する個性的なクルーザーモデルです。その新型車両が2019年12月を目処に国内導入されることが决定しました。

11%のパワーアップと40kgもの軽量化を実現した新型「ロケット3」

 トライアンフ・ジャパンは、2500ccという大排気量エンジンを搭載した新型「ROCKET 3R(ロケット・スリー・アール)」「ROCKET 3GT(ロケット・スリー・ジーティー)」を発表、2019年12月を目処に国内導入します(ロケット3GTは導入時期未定)。

新型「ロケット3R」(右)と「ロケット3GT」

 新型ロケット3では、高いコントロール製と機能性を持つ「ロケット3R」と、ゆったりとしたクルーザーのライディングスタイル、そしてさらに楽なツーリング機能を備えた「ロケット3GT」の2モデルが用意されました。

 同モデルでは、排気量を拡大することで、全世代モデルよりも11%増強された最高出⼒162PSと、最大トルク221Nm(約22.54kg)が与えられたエンジンを搭載し、常にフラットなトルク特性とすることで、どのギアでも楽に加速します。

240mmの極太タイヤと迫力あるエキゾーストが印象的な新型「ロケット3GT」

 ツインLEDヘッドライト、特徴的な形状のエキゾースト、240mmという極太のリアタイアを備えることで個性的なスタイルとされた新型ロケット3は、前世代モデルよりも40kg以上の軽量化を果たすことで、優れたハンドリングを実現しました。

 その他、新型モデルではクラッチを使⽤せずにシフトアップ/シフトダウン出来る「トライアンフシフトアシスト」や、アクセサリーのBluetooth接続モジュールを介してナビゲーションを容易にする「ターンバイターンナビゲーションシステム」など、ライダーの負担を軽減し、楽しみを増幅させる様々な昨日が備わっています。

 近年トライアンフが発表した他のモデル同様、数々の純正アクセサリーも数多く用意された新型「ロケット3R/GT」の価格は現在、未定となっています。

【了】

排気量は驚愕の2500cc! 新型「ロケット3」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事